2016年03月31日

横浜市都筑区都筑中央公園(午前)

今日は朝から青空一杯で、気温もかなり高くなった。いよいよ厚手のシャツ一枚で散策出来る季節が到来した。こうなると冬鳥達は旅立って寂しくなるので、冬がもう少し長かったら良いのになあと思ったりもする。まあ、ルリちゃん、ジョビちゃん、しばしお別れですねと言う訳である。今日は何処へ行こうかなあと考えたが、散策仲間から「トガリアミガサタケが生えていますよ」との情報を頂いていたので、鴨池公園の柿の木広場から都筑中央公園へ行った。

zaki-20160331-rengeso.jpg
<レンゲソウ>

まずは柿の木広場へ行くと「けやきが丘住宅」管理地の花園にスモモとモモが咲いていた。また、カツラの大木があって、手の届く場所にハート型の可愛らしい若葉が開いていたので撮影した。次にトガリアミガサタケを見に行ったが、なんと5本前後も生えていた。他の場所にも生えていないかなあと探したが見つからず、本当に狭い範囲にのみに生えているようである。撮影にはちょいと不向きな場所だったが、港北NTの緑道及び公園で3か所目の観察となった。

zaki-20160331-aoki-obana.jpg
<アオキの雄花>

その後、都筑中央公園へ足を伸ばしたが、「ばじょうじ谷戸」の猫の額程の田んぼの畔にレンゲソウが咲いていた。また、休憩所前のカイドウが数輪だが花開いていた。その後、一回りしたが、期待したフデリンドウはまだ蕾だったので、大好きなアオキの雄花が咲いていたのでカメラに納めた。小豆色で十字の花形は可愛らしく独特である。時計を見るとまだ正午まで少し時間が残っていたが、待つのが嫌いなので、早目に「ほっともっと」へ行く事にした。

zaki-20160331-katsura-wakaba.jpg
<カツラの若葉>

<今日出会った主なもの>花/タチツボスミレ、レンゲソウ、オオイヌノフグリ、キブシ、アオキ、ミツバツツジ、カイドウ、ウンナンロウバイ、レンギョウ、スモモ、モモ、シデコブシ等。蝶/ムラサキシジミ等。キノコ/トガリアミガサタケ等。鳥/ウグイス、キンクロハジロ等。
posted by 花虫とおる at 18:14| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: