2016年04月27日

横浜市都筑区葛ヶ谷公園(午前)

このところ鳥枯れなので、マクロ撮影のついでにアオゲラないしコゲラの巣でも見つけようと、鴨池公園へ行った。巣を発見する為に木々の幹を見たり、昆虫を見つける為に下草を見たりと、落ち着かなかった事は言うまでも無い。まずは例によって柿の木広場から始めたが、ハナウドの葉にヒメシロコブゾウムシが這っていた。次にアミガサタケを探しにポイントへ行ったが見られず、団地の片隅に咲いているタツナミソウにチャレンジしたが、良い写真は得られなかった。

zaki-20160427-kogomeutsugi.jpg
<コゴメウツギ>

以上、鴨池公園では期待した成果は得られず、時間がかなり余ったので、葛ヶ谷公園へまで歩みを進めた。冬季に草刈りが入って何にもいないかもと危惧したが、雑草の生命力は強くて、かなりの下草が繁茂していて、ツヤマルシラホシカメムシが這っていた。このぶんだと半月後から面白くなりそうである。また、小道脇に可愛らしいコゴメウツギが咲いていた。しかし、葛ヶ谷公園でもアオゲラ、コゲラの巣は見つからず、それどころか鳴き声すら聞こえなかった。

zaki-20160427-tsuyamarushirahoshikamemushi.jpg
<ツヤマルシラホシカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/タツナミソウ、キンラン、ギンラン、オニタビラコ、キツネノボタン、イモカタバミ、コゴメウツギ、タニウツギ、クルメツツジ等。昆虫/ヒメシロコブゾウムシ、ツヤマルシラホシカメムシ、マルカメムシ、ツマグロオオヨコバイ、クロウリハムシ、ヤブキリの幼虫等。
posted by 花虫とおる at 18:59| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: