2016年05月04日

横浜市緑区三保市民の森

昨晩深夜から降り始めた雨は朝には止んだが、狂ったように風が吹き荒れて気温がとても高い。これでは午後からの散策だなと布団に戻ったが、風はビュービューと唸って熟睡には至らず、短時間で起きてしまった。そこで、パソコンに向かったが、相変わらず「膵臓癌」ばかりを検索していて、気分が滅入るばかりである。しかし、昨日記した手術5年後の生存率だが、膵臓の膵体部(真ん中)に15mmの癌だと、80%近くに達するとの記事をみつけてほっとした。まだまだ体力気力も十分だし、九分九厘生還出来るだろう。

zaki-20160504-kiharagomadarahitori.jpg
<キハラゴマダラヒトリ>

午後からは強風時の逃げ場である三保市民の森へ行ったが、いつもの場所に路駐し、付近に咲いているオオムラサキツツジを見ると、黒光りする新鮮なナガサキアゲハが吸蜜していた。その後、旧道、谷道と歩みを進めたが嘘の様に風が無い。蝶では、モンキアゲハ、アオスジアゲハ、ジャコウアゲハ、ダイミョウセセリ、ベニシジミ等が見られたが、今一絵になる場所には止まらず、その他、昆虫は本当に少なかった。そこで、地味なキハラゴマダラヒトリと擬木の杭に這っていたヒカゲチョウの幼虫を撮って引き返した。

zaki-20160504-hikagecho-yochyu.jpg
<ヒカゲチョウの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/セリバヒエンソウ、イチリンソウ、キツネノボタン、ツツジ等。蝶/モンキアゲハ、ナガサキアゲハ、アオスジアゲハ、ジャコウアゲハ、ゴマダラチョウ、コミスジ、ヒカゲチョウの幼虫、ベニシジミ、ダイミョウセセリ、コチャバネセセリ等。昆虫/クロウリハムシ、ツマグロオオヨコバイ、チャバネアオカメムシ、ヤマトフキバッタの幼虫、ヤブキリの幼虫、ヤマサナエ、カワトンボ、キハラゴマダラヒトリ等。
posted by 花虫とおる at 20:49| Comment(2) | 緑  区
この記事へのコメント
早く見つけることができて良かったです。
手術が終り、退院されるのをお待ちします。
Posted by かぜくさ at 2016年05月05日 08:55
ありがとうございます。
今年もバラギ湖へ行けそうです。
Posted by 花虫とおる at 2016年05月05日 20:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: