2016年05月14日

東京都町田市大地沢

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。しかし、数日後の17日に入院、18日に手術を控えている身にとって、今一いつも通りの元気が出ない。集合場所の駐車場で参加者の方々に集まって貰って、経緯を話した事は言うまでも無い。その後、皆さんからの暖かい励ましを頂いてから、まずは相模原市側の谷戸から散策を開始した。今年は季節の進み具合が早いので、ウスバシロチョウは盛期を過ぎていたが、それでも軽やかに飛んでいてほっとした。

zaki-20160514-togaribaakanetorakamikiri.jpg
<トガリバアカネトラカミキリ>

次なる目的のオトシブミ類は、ヒゲナガオトシブミ、ヒメコブオトシブミ、ルリスアシナガオトシブミ、カシルリオトシブミが見られ、ドロハマキチョッキリの揺籃もぶら下がっていた。また、午後の散策でアシナガオトシブミも観察出来たので、合計6種類となった。もちろん今日は見られなかったが普通種のヒメクロオトシブミも居るだろうから、大地沢はまことオトシブミ天国である。その他では、伐採丸太に美麗なトガリバアカネトラカミキリが這っていて嬉しくなった。

zaki-20160514-himekobuotoshibumi.jpg
<ヒメコブオトシブミ>

昼食はバーベキューを楽しむ方がたくさんいたので、隣接する木陰のベンチでとったが、キビタキの囀りに囲まれての楽しい一時となった。名物であるジャケツイバラは丁度見頃で美しかった。午後からの散策では、アサギマダラの蛹を見に行ったが、今年は蝶好きのご夫婦の参加もあって、かなり見つかった。また、数は少なかったがハンミョウも地面に這っていた。最後に伐採丸太置き場で、オオゾウムシが見つかり、みんなで大いに楽しんだ。

zaki-20160514-higenagaotoshibumi-2.jpg
<ヒゲナガオトシブミ>

<今日出会った主なもの>花/タツナミソウ、オカタツナミソウ、キンポウゲ、セリバヒエンソウ、ハルジオン、アヤメ、マルバウツギ、ジャケツイバラ等。蝶/アオスジアゲハ、オナガアゲハ、ウスバシロチョウ、アサギマダラの蛹、サカハチチョウ、ヒオドシチョウの前蛹、テングチョウの蛹、ダイミョウセセリ、コチャバネセセリ等。昆虫/トガリバアカネトラカミキリ、ハンミョウ、ジョウカイボン、アオハムシダマシ、アシナガオトシブミ、ヒゲナガオトシブミ、ヒメコブオトシブミ、ルリスアシナガオトシブミ、カシルリオトシブミ、ドロハマキチョッキリの揺籃、オオゾウムシ、シロオビアカアシナガゾウムシ、アトボシハムシ、イタドリハムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、カワトンボ、シオヤトンボ、シオカラトンボ、ダビドサナエ、ノミバッタ、ヒシバッタ等。鳥/キビタキ、ガビチョウ、ウグイス等。その他/モリアオガエルの卵等。
posted by 花虫とおる at 20:17| Comment(0) | 町田市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: