2016年10月15日

横浜市緑区新治市民の森

 今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。天気は雲一つ無い秋晴れとなり、蝶や赤トンボは見られる筈とほっとした。今季は早くも甲虫やカメムシの仲間は活動を停止したのか、ほとんどお目にかかれなくなった。それでも超虫目のメンバーが必死に探せば何とかなるでしょうと期待を持ったのだが、結局、アミガサハゴロモ、ハリカメムシ、クモヘリカメムシ、コバネイナゴ等が見られた位であった。まだ10月半ばなのに、早くも手摺昆虫観察なのかなあと眉をしかめた。

zaki-20161015-akiakane-osu.jpg
<アキアカネの雄>

 池ぶち広場に集合し散策を開始したが、アキアカネ、マユタテアカネ等の常連さん以外に、オオアオイトトンボが見られた。カワセミの池方面へ進むと草刈りが入っていて落ち着かず、カワセミを観察してから引き返した。途中、羽化したばかりのクロコノマチョウやお疲れさんのメスグロヒョウモンの雌に出会った。もちろん、コセンダングサ、キバナコスモス、コスモスには、モンキチョウ、キチョウ、ツマグロヒョウモン、キタテハ、ヒメアカタテハ等が吸蜜していた。

zaki-20161015-mayutateakane-mesu.jpg
<マユタテアカネの雌>

 そんな訳で被写体が少ない事もあってか、「にいはる里山交流センター」に正午前に到着してしまった。そこで、隣接する遊水地へ行ってみたが、池の畔に今季初となるネキトンボが見られた。また、マユタテアカネやコノシメトンボも見られ、赤トンボには居心地の良い遊水地のようであった。その後、予定より少し早い昼食をとり、旭谷戸奥の田んぼへ行ったが、オオアオイトトンボがかなり見られ、ツリガネニンジン、ワレモコウ、ヤマハッカ等の花が咲いていた。

zaki-20161015-nekitonbo-osu.jpg
<ネキトンボの雄>

<今日出会った主なもの>花/ツリガネニンジン、ワレモコウ、ヤマハッカ、ゲンノショウコ、ミゾソバ、ノハラアザミ、コセンダングサ、セイタカアワダチソウ等。蝶/アオスジアゲハ、モンキチョウ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、キチョウ、クロコノマチョウ、メスグロヒョウモン、ツマグロヒョウモン、キタテハ、ヒメアカタテハ、ウラナミシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/アミガサハゴロモ、ハリカメムシ、クモヘリカメムシ、ツマグロオオヨコバイ、ナツアカネ、アキアカネ、マユタテアカネ、コノシメトンボ、ネキトンボ、オオアオイトトンボ、コバネイナゴ、ツチイナゴ、オオカマキリ、ハラビロカマキリ等。鳥/カワセミ、モズ、メジロ等。その他/クサギの実、ガマズミの実等。
posted by 花虫とおる at 18:02| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: