2016年12月02日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

 先月は雪が降って寒い日もあったが、ここに来て暖かい日が続いている。今日も晴れて風も無く絶好の散策日和である。何処へ行こうかなあ、梅田川の三保念珠坂公園の手摺昆虫観察が一番面白く成果が上がりそうだが、久しぶりに茅ヶ崎公園へ行った。まずは色づいたコナラやモミジの葉を撮ろうと頑張ったが、なかなか絵にならない。午後だと日陰になる場合が多く、陽に輝く半逆光の写真は得られなかった。たかが紅葉でも、その気にならないと撮れないなあとぼやいた。

zaki-20161202-murasakishikibu-mi.jpg
<ムラサキシキブの実>

 そこで貧果必至だから、ムラサキシキブの実を保険として撮影した。その後、生態園上の尾根沿いの手摺に行ったが、やたらテントウムシが多く、お腹がぱんぱんに膨れたクヌギカメムシもいた。しかし、触覚が片方途中から切れていたので撮影は諦めた。また、なぜ今の季節にと思われるナナフシ(?)の幼虫が這っていた。ナナフシの仲間は他に、エダナナフシ、トビナナフシが居て、幼虫も似通っているのだが、ネットでの絵合わせではナナフシの幼虫に思えた。

zaki-20161202-nanafushi-yochyu.jpg
<ナナフシ(?)の幼虫>

<今日出会った主なもの>花/サザンカ、イモカタバミ、タイワンホトトギス等。昆虫/ウスキホシテントウ、テントウムシ、クヌギカメムシ、ナナフシ(?)の幼虫等。キノコ/エノキタケ等。その他/ムラサキシキブの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:01| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: