2016年12月10日

横浜市緑区梅田川

 日本海にあった低気圧が千島沖に抜けたのか、昨日は暖かな南よりの風が吹いていたが、今日は冷たい北風に変わった。しかも、かなり強めに吹いているので、新横浜公園や田んぼ等の広々とした場所はNGである。そこで、毎度お馴染みの梅田川へ行った。例によって三保念珠坂公園の手摺に直行したが、最初の内はウシカメムシの幼虫が一匹這っていただけであった。どうやら北風が強いし気温が下がったので、手摺昆虫観察も、もうそろそろ店じまいかなと思われた。

zaki-20161210-kunugihamushi.jpg
<クヌギカメムシ>

 しかし、次第に目が慣れて来たのか、手摺の裏側に隠れていたのか、クヌギカメムシ、ウシカメムシと大物が現れた。しかし、ウシカメムシは何遍も登場しているので、産卵前でお腹が膨らんだクヌギカメムシを撮った。また、コミミズクの幼虫も5匹位見つかったたが、こちらも撮影しなかった。他に、ムーアシロホシテントウが居たが昨日ブログアップしている。そこで、何か居ないかなあと探したら、本当に小さなカサハラハムシの仲間を見つけてほっとした。

zaki-20161210-kasaharahamushi.jpg
<カサハラハムシの仲間>

<今日出会った主なもの>昆虫/カサハラハムシの仲間、テントウムシ、ムーアシロホシテントウ、クヌギカメムシ、ウシカメムシ、コミミズクの幼虫等。
posted by 花虫とおる at 18:14| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: