2016年12月12日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 今日はやっと北風が完全に治まったが、このところの強い冬型の気圧配置の影響で、北海道では昨日まで雪が降り続いて、なんと札幌市では58センチの積雪があったという。雪には慣れてはいるものの、本当に大変だろうなあと感じた事は言うまでも無い。もし首都圏にこれだけの雪が積もったらどうなる事やらと想像すると、背筋が寒くなった。最近、夏でも冬でも春夏秋冬、気候の変化が激し過ぎるなあと感ずるのは、日本国民の共通の認識であろう。

zaki-20161212-tochinoki-yokon.jpg
<トチノキの冬芽>

 そんな訳で今日は散策日和、相も変わらず茅ヶ崎公園へ行った。まずはクロスジホソサジヨコバイを探したが、3匹程見つけたものの、葉裏が汚れているので撮影は諦めた。次に生態園上の手摺に寄ったが、キイロテントウが一匹這っていただけだった。そこで、萎びかけたヒヨドリジョウゴの実と、大原みねみち公園まで足を伸ばしてトチノキの冬芽を撮った。帰路に生態園正門入口前の手摺を覗いて見たら、こちらはかなり賑やかだった。

zaki-20161212-hiyodorijogo-mi.jpg
<ヒヨドリジョウゴの実>

<今日出会った主なもの>花/サザンカ等。昆虫/テントウムシ、キイロテントウ、ウシカメムシ、クヌギカメムシ、コミミズクの幼虫、クロスジホソサジヨコバイ等。鳥/ツグミ、ルリビタキの雌等。その他/ヒヨドリジョウゴの実、ムラサキシキブの実等。
posted by 花虫とおる at 18:14| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: