2017年01月10日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 もう何遍も繰り返しているが今の時期は何処へ行っても貧果必至だから、前回、前々回より見られる様になったフユシャクを求めて茅ヶ崎公園へ行った。まずは保険としてクロスジホソサジヨコバイを撮ったが、どうもキヤノンG3Xの5cm接写ではフード等の影が入って良い写真が得られない。やはり晴れの日のこんな被写体には、一眼レフの100mm前後のマクロレンズが使いやすいようである。次回はニコンV2にDX一眼レフ用の85mmマクロレンズを装着して撮影してみよう。

zaki-20170110-namisujifuyunamishaku.jpg
<ナミスジフユナミシャクの雄>

 そんな訳でクロスジホソサジヨコバイはたくさん居たがNGで、アジサイの葉痕を保険としてカメラに納めた。次に生態園正門前の手摺昆虫観察に入ったが、ウスバフユシャク(?)の雌と思われる翅が退化したフユシャクの仲間を撮った。そこで、前回見られたチャバネフユエダシャクの雌が気になって、ケヤキの幹にまだ居るかなと探したが見つからなかった。最後に尾根上のお便所昆虫観察を試みたら、ナミスジフユナミシャクの雄、ウスバフユシャクの雄が壁に這っていた。

zaki-20170110-usubafuyushaku-mesu.jpg
<ウスバフユシャク(?)の雌>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ニホンスイセン等。昆虫/テントウムシ、ウスキホシテントウ、ナミスジフユナミシャク、ウスバフユシャク、クロスジホソサジヨコバイ等。鳥/シジュウカラ、ウグイス等。その他/マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:28| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: