2017年03月01日

横浜市都筑区荏田南(午後)

 早いもので今日から3月、ひな祭りももうすぐである。「灯りを点けましょボンボリに、お花をあげましょ桃の花、 五人ばやしの笛太鼓。今日は楽しいひな祭り」と歌にあるので、やはり3月に入ったのだから桃の花を撮ろうと荏田南へ行った。もちろんモモと言ってもハナモモなのだが、ほんものの食べるモモの花はもう少し遅れて咲く。ハナモモはひな祭りに前後に開花し大型の花で美しいのだが、花弁が縮れていて雄蕊や雌蕊が隠れて見えないものがほとんどである。

zaki-20170301-hanamomo.jpg
<ハナモモ>

 しかし、なんとか雄蕊や雌蕊がかすかに見えるものを探して青空バックで撮影した。あたり一面には広大なサンシュユの畑があって、前回来た時は数本の開花状況であったが、今日はほとんどの木が開花していた。地面にはホトケノザが咲きカラスノエンドウの葉が伸びて緑が美しかった。空の青、ハナモモのピンク、サンシュユの黄色、地面のカラスノエンドウの葉の緑と、まこと春爛漫が近づいているなあと感じた。大病後の闘病生活が続いているが、やはり春は格別である。

zaki-20170301-sanshyuyu.jpg
<サンシュユ>

<今日出会った主なもの>花/ハナモモ、サンシュユ、シナマンサク、マンサク、ウメ、ホトケノザ等。
posted by 花虫とおる at 18:28| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: