2017年03月05日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 今日は朝から気温が高い。やはり3月に入って春めいて来たなあと感ずる。そんな訳では無いが、今まで、ちらりほらりと咲いていて、花弁も寒さで傷ついているものが多かったウグイスカグラも、たくさん咲いて生き生きとしているのではないかと、久しぶりに茅ヶ崎公園へ行った。ポイントに到着すると、かなり咲いていて嬉しくなったが、良い枝ぶりのものはかなり少ない。そこで、尾根筋まで上がって探したら、本当に綺麗な花が咲いていて笑みが毀れた。

zaki-20170305-uguisukagura.jpg
<ウグイスカグラ>

 次は、トサミズキを撮ろうと緑道まで下りて行ったが、予想通り開花し始めていた。ネットで調べてみると、四国に分布し、特に高知(土佐)の蛇紋岩地に野生のものが多く見られるため、トサミズキと名付けられとある。また、ミズキと名前が付くがミズキ科ではなく、マンサク科の植物だと言う。それにしても、マンサクに比べると随分と花の形が違うなあと思った。その後、尾根に上がってお便所を覗いて見たが、蛾の仲間は一匹だに見られなかった。

zaki-20170305-tosamizuki.jpg
<トサミズキ>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、カワヅザクラ、カンヒザクラ、トサミズキ、ツバキ等。
posted by 花虫とおる at 18:29| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: