2017年03月07日

横浜市緑区四季の森公園(午後)

 昨日は午後から雨が降って自宅蟄居の一日となった。そんな訳で、お仲間のブログを色々見ていたらミツマタの写真が載っていた。今年はまだ撮っていないなあと、今日は迷わず四季の森公園へ行った。有名なミツマタだが意外と植栽されている所が少ない。ミツマタは中国原産で、枝が三つ叉に分かれるところから「ミツマタ」と名付けられ、和紙の原料として著名である。また同じ科のジンチョウゲと同じく移植にはとても弱いらしく、それが各所に植えられていない一因かもしれない。

zaki-20170307-mitsumata.jpg
<ミツマタ>

 ミツマタの気の利いた写真をと意気込んだが、良い枝ぶりのものが見つからず、ワンパターンの青空バックで撮影した。他に撮るものは無いかと探したが、もうすでに2度紹介しているサンシュユ位であった。そこで、カワセミはいるかなと蓮池を覗いたが、カルガモとカワウがいたのみであった。それでもベンチ裏のマンサクが綺麗に咲いていたので撮影した。小振りので花期がシナマンサクより遅く、枯葉が全て落葉しているので、間違いなくマンサクである。

zaki-20170307-mansaku.jpg
<マンサク>

<今日出会った主なもの>花/ミツマタ、サンシュユ、マンサク、シナマンサク、アカバナマンサク、ウメ、カンヒザクラ、ハナモモ等。鳥/カルガモ、カワウ等。
posted by 花虫とおる at 18:34| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: