2013年01月23日

横浜市都筑区東方公園周辺(午前)

昨日の夕方、里山写真クラブ第9回作品展の展示作業は無事に終了した。9回も続くとマンネリかと思われるかもしれないが、美しい写真を撮らせてくれた被写体が半切(A3ノビ)に引き伸ばされ、上等の額に入ってスポットライトを浴びて展示されているのを見ると、なんだか「撮らせてくれてありがとう」とお礼が言いたくなる。展示された被写体のみならず一年の間に出会ったすべての被写体に、そう言いたくなるのだから不思議である。こうなると見に来る方がいようがいまいが、写真の出来がどうのこうのとかは、すべて吹っ飛んでしまう。

zaki-20130123-momigibafu-yokon.jpg
<モミジバフウの葉痕>

そんな訳で今日はほっとして散策に出かけたのだが、マクロレンズを装着した一眼レフによる散策での被写体は本当に少ない。そこで大好きなモミジバフーの葉痕をもう一度撮っておこうと、東方公園及び周辺を散策した。先だっての雪は昨日の雨でほとんどなくなっていたが、それでも日陰には薄っすら残っていて注意して歩いたのは言うまでもない。モミジバフーの葉痕は簡単に撮れたので、近くにあったキウイの葉痕もカメラに納め、その後、周囲を散策したが、やはりこれといったものには出会わなかった。

zaki-20130123-kiui-yokon.jpg
<キウイの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/ソシンロウバイ等。虫/ツノロウカイガラムシ等。鳥/ツグミ等。その他/モミジバフウの葉痕、キウイの葉痕、ナンテンの実、ノイバラの実、センダンの実等。
posted by 花虫とおる at 19:05| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: