2013年03月09日

横浜市港北区新吉田町

今日は気温がとても高い。そこで、かなり薄着して出掛けたのだが、それでも汗ばむ程となった。3月初旬に、こんなに暖かくなった事が今まであっただろうか。ここ数年にわたって異常気象が多発しているから不安になる。そんな訳で、蝶では蛹から羽化したモンシロチョウ、越冬していたキチョウ、キタテハが軽やかに飛翔していた。今日も丘の上の植木屋さんの畑へ行ったが、ウメは満開でカワヅザクラも咲いて、早くもトサミズキやヒカンザクラの蕾も膨らんで来た。こんな調子の気温が続くと一気に全て咲いてしまうのではないかとの危惧の念さえ抱く。やはり順番通りに咲いて、順繰りに楽しん行きたい。

zaki-20130309-komatsuna.jpg
<コマツナ>

丘の上の植木屋さんの畑は百花繚乱、ちょっとした桃源郷の様相を呈していたが、これぞといった被写体は無くて、いったん下って次の丘の上の畑へ行った。ここには家庭菜園がかなりあるので、各種のナノハナが一杯だった。細かい事をいうとアブラナの花をナノハナと呼ぶのだが、最近、もっとも紛らわしいチリメンハクサイなるものが多くて間違えてしまう。また、チンゲンサイやコマツナやカラシナ等もナノハナの様な黄色い花を咲かせるから、しっかりと葉や茎を見て判断せねば間違える。そんな訳で、一番間違えそうも無いコマツナの花を撮った。

zaki-20130309-ooinunofuguri.jpg
<オオイヌノフグリ>

次に、今日こそ必ずカメラに納めておこうと、早春の野の花の代表ともいえるオオイヌノフグリを撮りに、丘を下った日当たりの良い畑の斜面へ行った。オオイヌノフグリはまばゆい程咲いていて、やはりここが一番多くて綺麗である。しかし、何処をどのように切り取ったらいいのかとさんざん迷う羽目となった。また、茎が赤褐色だからコハコベだと思うが、形良く咲いていたので思わずカメラを向けた。この他、ナズナ、ホトケノザもたくさん咲いていて、ツクシも顔を出し、トウダイグサももうすぐ咲きそうで、まこと春本番である。

zaki-20130309-kohakobe.jpg
<コハコベ>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、オウバイ、カワヅザクラ、ネコヤナギ、アセビ、ツバキ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、コハコベ、ヒメオドリコソウ、ナズナ、タネツケバナ、フキノトウ、フユシラズ、ニホンスイセン、ビオラ、コマツナ等。蝶/モンシロチョウ、キチョウ、キタテハ等。その他/ツクシ、アオキの実等。
posted by 花虫とおる at 19:12| Comment(0) | 港北区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: