2013年03月16日

横浜市港北区新吉田町(午前)

今日は風もほとんどなく青空が広がって、今年一番の散策及び撮影日和となった。車を止めて散策を開始すると、オウバイやネコヤナギは盛期を過ぎていたが、民家の庭先のビオラの花の数が前回よりかなり多くなった。例によって丘の上の植木屋さんの畑へ行くと、トサミズキとヒカンザクラがちょうど良い撮り頃で、ほんの15分程だが光線具合が良くなるまで待って撮影した。ジンチョウゲは満開で良い香りを放ち、シデコブシも咲き出して、まこと新吉田町が一番輝いている季節だなあと感じた。

zaki-20130316-tosamizuki.jpg
<トサミズキ>

一旦下って登りかえし、家庭菜園が多くある丘の上の畑へ行った。途中、民家の庭にレンギョウやボケが咲き、ほんの少し残った雑木林の斜面には、タチツボスミレが咲いていた。丘の上の家庭菜園では、羽化したばかりのモンシロチョウ、モンキチョウ、越冬明けのキタテハが舞い、青々としたコマツナ畑では初老の農家の方がコマツナを収穫していた。とっても美味そうで、中華風にベーコンと炒めたら最高だなあと思った。

zaki-20130316-hikanzakura.jpg
<ヒカンザクラ>

今日は散策開始直後に前述したトサミズキとヒカンザクラをカメラに納めたので、これで早上がりしようかなとも思ったが、とても良い天気だからドッグスクール周辺へ路傍の野の花を愛でに行ったら、トウダイグサもかなり咲いていた。また、ツクシも伸びているかもしれないと丘を越えて杉山神社の方へ行くと、畑の縁にたくさん見つかった。もう少し伸びたら炒めて醤油で味付けしたら最高である。そんな訳で、まこと春は良いなあとの思いが込み上げて来たのは言うまでもない。

zaki-20130316-tskushi.jpg
<ツクシ>

<今日出会った主なもの>花/トサミズキ、ヒカンザクラ、ボケ、ミツマタ、シデコブシ、ジンチョウゲ、レンギョウ、チョウセンレンギョウ、ウメ、カワヅザクラ、オウバイ、サンシュユ、タチツボスミレ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、タネツケバナ、ナズナ、トウダイグサ、ニホンスイセン、ムスカリ、ビオラ、フユシラズ、コマツナ等。蝶/モンキチョウ、モンシロチョウ、キタテハ等。

posted by 花虫とおる at 19:33| Comment(0) | 港北区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: