2013年03月22日

横浜市都筑区鴨池公園

今日は暑くも無く寒くも無く散策には絶好の陽気となった。ソメイヨシノが咲いて陽の光が多いからか、とっても明るく感じる。冬は、たとえ晴れていても明るく感じなかったのだから、光の絶対量が違うのだろう。今日は近場では、ここにしか無いアブラチャンを撮りに鴨池公園へ行った。2年前に公園愛護会の手によって切られてしまって嘆いたが、ひこばえが生えて来て伸び、太さも手首位になり、背丈は3メートル位にもなった。あまり高くなってしまうと撮影が難しくなるが、ひこばえや胴吹きが盛んな樹種だから、今後も大丈夫であろう。

zaki-20130322-aburachan.jpg
<アブラチャンの雄花>

アブラチャンは雌雄別株で、鴨池公園にあるものは雄株である。夏休みに信州や上州の林道を散策すると、立派な実をつけた雌株を目にする事が多い。有り難い事に今年もアブラチャンが無事にカメラに納まったので、次にエゴノキの芽吹きを撮影した。エゴノキは甲虫との関係が深くて、エゴヒゲナガゾウムシ、エゴシギゾウムシ、エゴツルクビオトシブミと魅力溢れる面々が現れる。また、その種子は、ヤマガラの大好物としても著名である。しかし、蝶は好まないようで、葉を食するものは1種類もいない。

zaki-20130322-egonoki.jpg
<エゴノキの芽吹>

エゴノキの可愛らしい新葉も満足出来る絵柄で撮影出来たので、気楽になって一回りしたが、これといった被写体には巡り合わなかった。そこで、アブラチャンの生えている陽当たりの良い斜面に戻った。白っぽいタチツボスミレや小さな花のヒメスミレやハナニラ等が咲いて、ちょっとした花園である。蝶ではキチョウやモンシロチョウが軽やかに飛んでいて、あったり前田のランチクラッカーだが、春ってやっぱり良いなあと感じた事は言うまでも無い。

zaki-20130322-himesumire.jpg
<ヒメスミレ>

<今日出会った主なもの>花/アブラチャン、コブシ、シデコブシ、ミツバツツジ、ボケ、ソメイヨシノ、アオキ、キブシ、ミツマタ、チョウセンレンギョウ、ヒメスミレ、タチツボスミレ、ハナニラ等。蝶/モンシロチョウ、キチョウ、ムラサキシジミ等。
posted by 花虫とおる at 14:25| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: