2013年04月23日

横浜市緑区横浜動物の森公園

今日は三保町の花鳥風月夫人がマダラアシゾウムシを撮っていたので、横浜動物の森公園へ探しに行った。しかし、1本あるヌルデの木の幹を嘗め回す様に探したが居なかった。マダラアシゾウムシは越冬するタテジマカミキリを見つける位難しいのだが、個体数が多いのでヌルデの木を判別出来れば発見出来る可能性は大である。そんな訳で早くも今日の目的は達成出来ず気落ちしたが、付近にキンランがかなり咲いていて、昨日のリベンジとばかりに頑張った。

zaki-20130423-kinran.jpg
<キンラン>

その後、昆虫やーいと探したがヒメクロオトシブミが1匹いただけで、広尾のNさんが見つけたハリギリの幼木に抱きついているタテジマカミキリはまだいるかなあと行ってみると、1匹だけだが越冬していて、相当の寝ぼすけだなあとほほ笑んだ。次に、Y宅竹林のクマガイソウの群落を愛でて戻ったが、途中、大根の花にアオスジアゲハが吸蜜に訪れていた。また、ハナイカダの雌花がたくさん咲いていたので撮影した。美味しい蜜が出るのか、小さな昆虫が舐めに訪れていた。

zaki-20130423-hanaikada-mebana.jpg
<ハナイカダの雌花>

<今日出会った主なもの>花/キンラン、ニリンソウ、ホウチャクソウ、キランソウ、ムラサキケマン、ナガミヒナゲシ、ハナイカダ等。蝶/アオスジアゲハ、ムラサキシジミ、ベニシジミ等。昆虫/ヒメクロオトシブミ、タテジマカミキリ、ヤマトシリアゲ等。

posted by 花虫とおる at 19:20| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: