2013年04月27日

横浜市緑区新治市民の森

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。天気は良過ぎる程の青空一杯で風はほとんどなく、眩しい新緑の中の快適な散策となった。駐車場が狭くなって参加者の車が止められるかなと心配したが、全員止められてほっとした。散策を開始すると、まずは今が旬のキンランを見に行き、鎌立谷戸へ降りて行くと、「うぁー、イボタガだー!」と感激する女性陣の声が上がった。近づいてみると、こんなに長い間、道端自然観察を続けている私も初めて出会う憧れのイボタガがいた。大型で樹肌に擬態していて、フクロウやヤマネコの顔に似ていて貫録十分であった。

zaki-20130427-ibotaga.jpg
<イボタガ>

その後、ツリバナやニリンソウを見ながら鎌立の奥まで行って引き返し「にいはる交流センター」にて昼食をとり、たっぷりと旭谷戸を散策した。花では、ホタルカズラやセリバヒエンソウが咲いていて、かなり伸びたセンニンソウにはオオアカマルノミハムシが可愛らしく、路傍ではぴかぴか光るジンガサハムシやカワトンボも見られた。最後に池ぶち広場に戻って来たが、ムラサキシキブにイチモンジカメノコハムシや、まんまるのスグリゾウムシが待っていた。以上、今日はかなりの距離の散策となったが、天気は上々、同じ趣味の仲間との散策は「最高でっせ!」となった事は言うまでもない。

zaki-20130427-seribahienso.jpg
<セリバヒエンソウ>

<今日出会った主なもの>花/ホタルカズラ、カキドオシ、キンラン、ギンラン、ササバギンラン、フデリンドウ、ヒトリシズカ、イチリンソウ、ニリンソウ、セリバヒエンソウ、オオアマナ、レンゲソウ、ナガミヒナゲシ、カラスノエンドウ、カタバミ、ツリバナ、ハナイカダ、ミツバウツギ等。蝶/カラスアゲハ、アオスジアゲハ、コジャノメ、ツマキチョウ、モンキチョウ、キチョウ、ベニシジミ等。昆虫/イボタガ、カワトンボ、シオヤトンボ、ジンガサハムシ、イチモンジカメノコハムシ、オオアカマルノミハムシ、ヒメクロオトシブミ、スグリゾウムシ、コフキゾウムシ、ヤマトフキバッタの幼虫、ヤブキリの幼虫等。鳥/カワセミ、ガビチョウ、ウグイス、シジュウカラ等。
posted by 花虫とおる at 19:00| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: