2013年05月09日

横浜市緑区(仮称)アマサギの里(午後)

昼近くになると気温はぐんぐん上がって、日向の車の中では暑くて眠れないから、木陰に停めて昼寝を貪った。目覚めてみると陽の光は相変わらず強く、田んぼ巡りはもう少し経ってからと、105円で買った古本の子供向けの伊藤博文の伝記を読んだ。文字が大きいから年寄りにも好適である。その後、田んぼ巡りを始めたが、(仮称)アマサギの里に行くとトラクターがうなりをあげていて、その後を3羽のアマサギが追いかけていた。天気は相変わらずのピーカンで撮影日和とは言えなかったが、白トビを心配して露出アンダー目で撮影した。

zaki-20130509-amasagi.jpg
<アマサギ>

<今日出会った主なもの>鳥/アマサギ、ハクセキレイ、カルガモ、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 20:15| Comment(2) | 緑  区
この記事へのコメント
ピーカンに
単に白い被写体を撮る時に、+にしてました
なるほど〜目からうろこでございました
Posted by ねこまま at 2013年05月10日 09:32
青空の写った水面の白い鳥。
キャノンの一眼なら+0.7位ではないかな?
いずれにしても露出決定は難しいシーンです!
Posted by 花虫とおる at 2013年05月10日 14:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: