2013年05月12日

東京都町田市大地沢

今日は昨日の雨で順延となった、特別企画オトシブミ観察会の日である。以前はウスバシロチョウ観察会と銘打っていたが、メンバーの虫目が向上したのか、ウスバシロチョは飛んでいても見向きもせず、小さな虫に目が向いている方が多くなった。しかも、前回はクロヒラタヨコバイやムシクソハムシ等のマイナーな虫が人気になったが、今回も鳥の糞に擬態したゾウムシに熟年男女が取り囲んで嬌声を上げているのだから、まこと奇人変人観察会との様相を呈していたが、私はごくごく一般的なものに目を向けた。

zaki-20130512-asagimadara-sanagi.jpg
<アサギマダラの蛹>

今日の目的たるオトシブミは、ヒゲナガオトシブミ、カシルリオトシブミ、ヒメクロオトシブミ、ヒメコブオトシブミの4種類が見られただけで、ケヤキの葉にルイスアシナガオトシブミの揺籃、イタドリの葉にドロハマキチョッキリの揺籃が見られたものの、成虫にはとうとう出逢えなかった。見られた4種類も個体数が例年より少なく、時期的なものなのか、雨上がりの日だからか、それともオトシブミの不作の年なのか分からないが、ヒゲナガオトシブミだけはアブラチャンの葉に普通に見られた。

zaki-20130512-kanokomaruhakibaga.jpg
<カノコマルハキバガ>

昼食は毎度お馴染みの大地沢青少年センターでとったが、ジャケツイバラが咲き出していて、とても綺麗であった。また、木の花では可愛らしいマルバウツギや見事なヤブデマリが目に付いた。その他、オオルリ、キビタキ、ツツドリ、イカル、アオバト等の囀りが聞こえ、オオルリとキビタキは、その姿を確認する事が出来た。最後に今回のもう一つの目的たるアサギマダラだが、蝶も1頭飛んでいたが、キジョランにいる幼虫を観察するつもりが、なんとなんと蛹が4つも見つかった。

zaki-20130512-higenagaotoshibumi.jpg
<ヒゲナガオトシブミの雄>

<今日出会った主なもの>花/ジャケツイバラ、マルバウツギ、コゴメウツギ、ヤブデマリ、フジ、キンポウゲ、ケキツネノボタン、セリバヒエンソウ等。蝶/ウスバシロチョウ、アサギマダラ、コミスジ、アカタテハ、テングチョウ等。昆虫/ヒゲブトハナムグリ、ホソアナアキゾウムシ、ヒゲナガオトシブミ、カシルリオトシブミ、ヒメクロオトシブミ、ヒメコブオトシブミ、ヒメシロコブゾウムシ、カツオゾウムシ、ジョウカイボン、ウスチャジョウカイ、アオオサムシ、ヒメオサムシ、ハンミョウ、ツチハンミョウ、オオアカマルノミハムシ、トビサルハムシ、アトボシハムシ、イタドリハムシ、アオハムシダマシ、ベニヘリテントウ、ベニカミキリ、ナカジロサビカミキリ、カワトンボ、ダビドサナエ、クロスジギンヤンマ、ハラビロトンボ、ナガメ、クサギカメムシ、クロヒラタヨコバイ、カノコマルハキバガ、マドガ等。鳥/オオルリ、キビタキ、ツツドリ、イカル、アオバト、ガビチョウ等。キノコ/アミスギタケ等。その他/シマヘビ等。


posted by 花虫とおる at 20:56| Comment(0) | 町田市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: