2013年05月13日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

今朝は何故だか曇っていて、これなら久しぶりに新吉田町へとも思ったが、昨日決めた通りに寺家ふるさと村へ行った。5月半ば近くになったので、昆虫横丁の下草がかなり伸びたのではないかと思ったからである。毎年、晩秋に綺麗さっぱり刈られるから、寺家ふるさと村の昆虫探索はゴールデンウィーク明けからとなり、最盛期は6月末までとなる。国道246を超えると路肩が濡れていて、どうやら雨が少し降ったようだ。これでは葉上に雨粒が残っているのではと気になったが、すでに乾き始めていてほっとした。

zaki-20130513-shirokobuzomushi.jpg
<シロコブゾウムシ>

期待して散策を開始したものの、昨日の大地沢に比べて昆虫がかなり少なくがっかりしたが、大地沢が多過ぎるだけの事で、安近短では寺家ふるさと村は昆虫の宝庫の一つなのである。まず最初に大型のシロコブゾウムシを見つけ、美麗で希少種のジュウシホシクビナガハムシもカメラに納めた。その後、例年通りエビヅルにはアカガネサルハムシが、シシウドにはヒメシロコブゾウムシが、タイアザミにはハスジカツオゾウムシやアオカメノコハムシがと言った具合で、お馴染み連中が次々と現れた。

zaki-20130513-jyushihoshikubinagahamushi.jpg
<ジュウシホシクビナガハムシ>

<今日出会った主なもの>花/ノアザミ、タツナミソウ、ナワシロイチゴ、ハンショウヅル、ケキツネノボタン等。蝶/クロアゲハ、ヒメウラナミジャノメ、コジャノメ等。昆虫/シロコブゾウムシ、ヒメシロコブゾウムシ、カツオゾウムシ、ハスジカツオゾウムシ、コフキゾウムシ、ヒメクロオトシブミ、ヒゲナガハナノミ、ジュウシホシクビナガハムシ、アオカメノコハムシ、アカガネサルハムシ、ジョウカイボン、ナナホシテントウ、アカスジキンカメムシの幼虫、クロヒラタヨコバイ、ホソオビヒゲナガ、アシブトハナアブ等。鳥/カイツブリ、ガビチョウ等。
posted by 花虫とおる at 19:20| Comment(0) | 青葉区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: