2013年05月14日

横浜市港北区新吉田町

今日は朝から気温が高い。天気予報では25度以上の夏日になるとの事で、日陰が少ない新吉田町の散策は「ちょいとねー」とも思ったが、午後から通院なので至近距離が一番と出かけた。最近のブログは横浜発の虫散歩の様相を呈していて、彩が無いから何かお花でも添えようと散策を開始した。まずは農家の庭先や畑の傍らに、ムシトリナデシコやアカバナユウゲショウを見つけた。また、あちこちの路傍にはカタバミがたくさん咲いていた。カタバミはドクダミとともに我が家の庭の筆頭雑草で、手を焼いているのだが花はとても可愛らしい。

zaki-20130514-katabami.jpg
<カタバミ>

例によって丘の上の畑へ登って行くと、途中、農家の入口に植栽されたものと思われるジャケツイバラが咲いていた。丘の上の畑は直射日光がきつくてたまらなくなり、下に下って日陰を選んで下草に注意して歩みを進めると、エビヅルの葉になんと4匹ものアカガネサルハムシがいて嬉しくなった。また、ハルジオンにはアオスジアゲハやダイミョウセセリが吸蜜に訪れていた。その他はトホシテントウがかなり目につき、野の花は相変わらずナガミヒナゲシやアメリカフウロ等の帰化種ばかりで、民家の庭にはアヤメが美しく咲いていた。

zaki-20130514-akaganesaruhamushi.jpg
<アカガネサルハムシ>

<今日出会った主なもの>花/カタバミ、イモカタバミ、アカバナユウゲショウ、ヒメフウロ、アメリカフウロ、ナガミヒナゲシ、ムシトリナデシコ、アヤメ、ナワシロイチゴ、ガマズミ、マユミ、ジャケツイバラ等。蝶/アオスジアゲハ、アカボシゴマダラ、コミスジ、ダイミョウセセリ等。昆虫/コフキゾウムシ、ヒメクロオトシブミ、アカガネサルハムシ、トホシテントウ、ホシハラビロヘリカメムシ等。
posted by 花虫とおる at 14:27| Comment(0) | 港北区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: