2013年06月06日

山梨県山中湖石割神社(午前)

コールデンウィーク明けから毎週行くつもりでいた山中湖だが、先週は天気が悪くて行けず、今週も曇り日を待っていたら今日となってしまった。山中湖に到着すると1時間ばかり(仮称)キビタキの森を散策し、期待したコサメビタキはいなかったもののキビタキの雄をゲットしたので、昆虫でも撮ろうと石割の湯へ行った。駐車場に車を停めてすぐ脇の空き地のイタドリに、緑色に光るドロハマキチョッキリが見られた。また、林道の入口のイタドリの葉にはヒゲナガオトシブミの雌も見られたが、林道を詰めると草刈がなされていて、「これは駄目だー」と大急ぎで車に戻り石割神社へ転戦した。

zaki-20130603-kuroboshitsutsuhamushi.jpg
<クロボシツツハムシ>

道志道から石割神社までの道は幅の広い舗装道路だが、両脇には各種の下草が繁茂していて、イタドリの葉にはクロボシツツハムシやカツオゾウムシが見られた。寺家ふるさと村の昆虫横丁ではカツオゾウムシはミゾソバの葉に見られるが、イタドリもミゾソバも同じタデ科の植物である。その他の昆虫は曇り日であることもあってチョウは見られず、山中湖ならではのクロジョウカイがいた。前述したような訳でとても短時間の散策となったが、去年はオトシブミやサカハチチョウ等も観察しているので、じゅっくり半日は過ごしたいポイントである。

zaki-20130606-usuakaotoshibumi.jpg
<ヒゲナガオトシブミの雌>

<今日出会った主なもの>花/フジサンシキウツギ、ミツバウツギ、ヤブデマリ、ハンショウヅル等。蝶/ヒメウラナミジャノメ、スジグロシロチョウ等。昆虫/クロボシツツハムシ、ヒゲナガオトシブミ、ドロハマキチョッキリ、カツオゾウムシ、クロジョウカイ、ジョウカイボン等。
posted by 花虫とおる at 20:49| Comment(0) | 山梨県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: