2013年06月19日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

今日は雨の為に1週間日延べになった、待ちに待った道端自然観察会の日である。今日も天気が心配されたが観察会終了まで雨は1滴も落ちて来なかったし、尾根上では梢が激しく揺れる程の強風でも、メインの観察場所である昆虫横丁等はほとんど吹かなかった。そんな訳で、気温は上がらず快適な散策となって、何故だか儲かったなあと感じた。更に散策する方が少ないから四季の家のレストランもかなり空いていて、久しぶりに美味しい1000円の刺身定食を食べる事が出来て嬉しくなった。

zaki-20130619-benishijimi.jpg
<ベニシジミ>

こんな天気だから参加者は少ないと思ったが7名もの方が集まり、まずは熊の池の釣堀の方へ行ったが、綺麗なゴイサギが幼苗の緑が美しい田んぼで餌を漁っていた。皆で撮影していても近づいて来たので、ゴイサギの撮影だけでかなりの時間がかかってしまった。次に引き返して昆虫横丁から最近人気の昆虫の谷へ行ったが、蝶ではアカシジミやウラナミアカシジミがまだいて、羽化したてのベニシジミやオオチャバネセセリもかなり見られた。もちろん、ラミーカミキリや各種甲虫類は相変わらずで、時間はあっと言う間に過ぎた。

zaki-20130619-mutsuboshitamamushi.jpg
<ムツボシタマムシ>

昼食は前述したように四季の家のレストランでとり、美味しいものを食べると散策再開もちょっとねーとの気がしたが、昆虫横丁から再開すると、まずはオオミドリシジミが出迎えてくれた。その後、ちょいと風が強かったがゼフィルスの丘へ行くとミズイロオナガシジミが見られたから、なんと平地産ゼフィルス4種を観察する事が出来た。更に大池へ行くと、久しぶり参加のYさんがムシボシタマムシを見つけてくれ、キブシの葉には第2化のウスモンオトシブミがかなり発生していた。最後に引き返して来るとビロードカミキリのおまけまでついて、今日の観察会は大成功裏に幕を閉じた。

zaki-20130619-usumonotoshibumi.jpg
<ウスモンオトシブミ>

<今日出会った主なもの>花/オカトラノオ、アキノタムラソウ、ドクダミ、ナワシロイチゴ等。蝶/メスグロヒョウモン、ヒカゲチョウ、キチョウ、オオミドリシジミ、ミズイロオナガシジミ、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ベニシジミ、オオチャバネセセリ、キマダラセセリ等。昆虫/トウキョウヒメハンミョウ、ムツボシタマムシ、ヘリグロリンゴカミキリ、ビロウドカミキリ、ヒメヒゲナガカミキリ、キボシカミキリ、ラミーカミキリ、セマダラコガネ、アカガネサルハムシ、イチモンジカメノコハムシ、ウスモンオトシブミ、カシルリオトシブミ、ヒメクロオトシブミ、カツオゾウムシ、ハスジカツオゾウムシ、トホシオサゾウムシ、コフキゾウムシ、オジロアシナガゾウムシ、ヒメシロコブゾウムシ、カグヤヒメキクイゾウムシ、イネミズゾウムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、カノコガ、ササキリの幼虫等。鳥/ゴイサギ、アオサギ、カルガモ、カイツブリ等。その他/ナワシロイチゴの実等。

posted by 花虫とおる at 19:09| Comment(0) | 青葉区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: