2013年07月07日

横浜市緑区三保市民の森

昨日、気象庁から関東地方の梅雨明け宣言が出たが、例年に比べると異常に早いのでびっくりした。小学校が夏休みに入る直前辺りが梅雨明けとなる事が多くて、昆虫の暦でいうとニイニイゼミが鳴き出して梅雨明けと言うのが普通である。なんだかこんなに早いと夏が相当長くなりそうで、まこと嫌になってしまう。そんな訳で、今日は風がやや強かった事もあるが、日陰の多い三保市民の森へ行った。まずは旧道のムクゲの葉のラミーカミキリを見に行ったが、まだ数匹いて嬉しくなった。その後、バス通りの日陰の歩道へ行ったが、これといったものは見られなかった。

zaki-20130707-uzugumo.jpg
<ウズグモ>

しからば谷道ですねと行って見たが、ウスモンオトシブミ、ヒメクロオトシブミ、カシルリオトシブミ等は見られたが以前に紹介しているので、ウズグモの巣を撮った。中心部の白い帯状のウズが特徴で、こんなに糸を使っては体力が消耗してしまうのではないかと思われるが、外敵から身を隠すためだとある。また、地面に水平に作るのも特徴の一つだと記してあった。その後、花ではイヌゴマが咲いていたが炎天下では絵にならず、日向が続く道に差し掛かったのでUターンし、行には気が着かなかった綺麗なアカアシカスミカメがかなり発生していて、なんとか恰好がついた。

zaki-20130707-akaashikasumikamemushi.jpg
<アカアシカスミカメ>

<今日出会った主なもの>花/イヌゴマ、ヤブカンゾウ、ホタルブクロ、アキノタムラソウ、ドクダミ、ツユクサ、ハエドクソウ等。蝶/キチョウ、ベニシジミ、ダイミョウセセリ、キマダラセセリ等。昆虫/セマダラコガネ、ヒメクロオトシブミ、ウスモンオトシブミ、カシルリオトシブミ、シロコブゾウムシ、コフキゾウムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、アカアシカスミカメ、コガシラアワフキ、ヤマトフキバッタの幼虫、ササキリの幼虫等。 その他/ウズグモ等。

posted by 花虫とおる at 20:20| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: