2013年07月18日

横浜市緑区三保市民の森(午前)

数日間かなり涼しかったが、今日からまた炎熱地獄へ戻ると言うので眉をしかめたが、夏は暑いのが当たり前だし、昆虫大好き人間には待ちに待った季節とも言える。しかし、齢をとったから、わざわざ熱中症に罹りに日向へ行くのもなんだし、救急車にはもっと重病人の搬送等に活躍してもらいたいと思っているから、木陰の多い三保市民の森へ行った。まずは旧道のムクゲの植込みにラミーカミキリを見に行ったが、今日は雄が3匹も見られた。

zaki-20130718-ootenningiku.jpg
<オオテンニンギク>

その後、バス通り歩道脇の木陰に行ったが、ベッコウハゴロモとアミガサハゴロモが発生していて、やはり夏はセミの仲間の季節ですねえとほほ笑んだ。次に、もちろん谷道へ行ったが、ヤマユリが各所で出迎えてくれた。また、散策路脇にはキノコのカワリハツが生え、寺家ふるさと村には多いが他所では稀なシュレーゲルアオガエルが昼寝をしていた。昆虫では、これといったものは見られなかったが、新鮮なマドガがかなりいた。

zaki-20130718-madoga.jpg
<マドガ>

<今日出会った主なもの>花/ヤマユリ、キツネノカミソリ、ニガクサ、アキノタムラソウ、ハエドクソウ、ヘクソカズラ、ヤブガラシ等。蝶/ヒメウラナミジャノメ、ムラサキシジミ、コチャバネセセリ、ダイミョウセセリ、チャバネセセリ、イチモンジセセリ等。昆虫/ラミーカミキリ、クロウリハムシ、テントウムシ、トウキョウヒメハンミョウ、ホシハラビロヘリカメムシ、ハリカメムシ、ササキリの幼虫、ハキナガミズアブ、ベッコウハゴロモ、アミガサハゴロモ、コガシラウカンカ、マドガ等。キノコ/カワリハツ等。その他/シュレーゲルアオガエル等。

posted by 花虫とおる at 20:27| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: