2013年07月19日

横浜市緑区北八朔公園

今日は、やや気温も湿度も低く風が少々あるから夏季の散策日和としては上々であった。それでも日向は暑いし、日陰が多い前回かなりの収穫があった北八朔公園へ行った。散策を開始して、まずは車に気をつけなければならないのが難点だが、東名港北PAと公園の間の昆虫横丁へ行った。しかし、前回に比べると昆虫の数は少なく、それでも、ベッコウハゴロモ、オジロアシナガゾウムシ、ヤマイモハムシ等の普通種はかなり見られた。

zaki-2013-0719-bekohagoromo.jpg
<ベッコウハゴロモ>

そこで尾根上の散策路へ行って見たが、久しぶりにヒメジュウジナガカメムシに出会った。しかし、藪蚊が多くて、蚊取り線香をぶら下げているのに今季としては一番多く刺されてしまった。もっとも3カ所なのだが、少なくとも痒い事には変わりない。そこで、散策路を下ってクヌギの樹液酒場へ行ってみたが、ああ無常、前回より樹液の出は悪くなっていて、カナブンが1匹いたのみであった。雨が降らないことも影響しているのかもしれない。

zaki-2013-0719-tsuyamarushirahoshikamemushi.jpg
<ツヤマルシラホシカメムシ>

そこで池のトンボでも撮ろうと引き返して来ると、頭上に大型のトンボが3匹程飛んでいた。なんだろうと確認したらオニヤンマであった。池には相変わらず、コフキトンボ、ショウジョウトンボ、コシアキトンボ、オオシオカラトンボ、シオカラトンボがいたが、前回同様、チョウトンボやイトトンボの仲間は見られなかった。車に引き返す途中、ニイニイゼミの鳴き声がするので探してみたが、樹肌に溶け込んだ体色だし上の方にいるのか、見つける事が出来なかった。

zaki-2013-0719-shojyotonbo-osu.jpg
<ショウジョウトンボ>

<今日出会った主なもの>花/ヘクソカズラ、ママコノシリヌグイ、ヤブガラシ、ハエドクソウ等。蝶/アカボシゴマダラ、コミスジ、ヒカゲチョウ等。昆虫/ヤマイモハムシ、テントウムシ、オオニジュウヤホシテントウ、カナブン、マメコガネ、タケトラカミキリ、オジロアシナガゾウムシ、コフキゾウムシ、ツヤマルシラホシカメムシ、ヒメジュウジカメムシ、マルカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、クサギカメムシの幼虫、オニヤンマ、コフキトンボ、ショウジョウトンボ、コシアキトンボ、オオシオカラトンボ、シオカラトンボ、ササキリの幼虫、ベッコウハゴロモ、アミガサハゴロモ等。 その他/ウワミズザクラの実等。
posted by 花虫とおる at 14:51| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: