2013年08月02日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

今日は比較的気温が低く曇り空との事なので、木陰が少ないので足が向かなかった茅ヶ崎公園へ久しぶりに行った。また、里山の雑木林ばかりを散策していると、夏の昆虫の代表格でもあるセミの仲間が少ないので、今年はどうなんだろうとの偵察も兼ねていた。木陰に車を停めて、まずは大原みねみち公園へ行ったが、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ニイニイゼミがたくさん発生していた。また、シャーシャーシャーとクマゼミの鳴き声が聞こえた。久しぶりに池の端に降りて水面を見つめると、アオモンイトトンボが低く飛んでいた。

zaki-20130802-kabutomushi.jpg
<カブトムシの雄>

次に茅ヶ崎公園へ向かったが、ここでも各種のセミは見られたものの、公園愛護会活動が盛んで草刈が徹底的になされていて、往年の昆虫観察の名場所はほとんど昆虫ゼロの状況となっていた。やはり港北NTの緑道や公園は一部の場所と昆虫を除くと、キノコや野鳥観察だなあと感じ入っていたら、クヌギの大木の幹に黒く動くものがいた。カブトムシの雄である。ゆったりと降りて来るので、おかしいなあと頭上を見上げると樹液が出ていて、カブトムシのペアが吸汁していた。寺家ふるさと村と違って港北NTの子供たちはカブトムシよりスマホゲームだろうから、のんびり昼間からお食事中と言う訳なのだと苦笑した。

zaki-20130802-aburazemi.jpg
<アブラゼミ>

<今日出会った主なもの>花/アカツメクサ等。蝶/アオスジアゲハ、アカボシゴマダラ、ゴマダラチョウ、キチョウ、ウラギンシジミ、ムラサキシジミ等。昆虫/カブトムシ、カナブン、マメコガネ、クマゼミ、ミンミンゼミ、ニイニイゼミ、アミガサハゴロモ、アオバハゴロモ、シオカラトンボ、コシアキトンボ、アオモンイトトンボ等。
posted by 花虫とおる at 14:23| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: