2013年08月09日

横浜市都筑区葛ヶ谷公園

いよいよ旧盆の夏休みが近づいていて、足裏痛で通院しているクリニックもしばしの休診に入るから、今日の午後は通院しなくてはならない。そこで昨日にも増しての暑さだが、遠くには行けないので、昨日、不本意に終わったミンミンゼミを撮りに葛ヶ谷公園へ行った。車は秘密の木陰に停めたので緑道をしばし歩いたが、たくさんあったマヤランは一本も無く眉をしかめたが、ちょっとした草地のススキの葉にショリョウバッタモドキの幼虫が隠れていた。

zaki-20130809-minminzemi.jpg
<ミンミンゼミ>

御影橋をくぐるとセミの天国で、ミンミンゼミが一本の木に4匹も止まっていた。また、太いケヤキの幹には数え切れない程の脱殻が見られた。なんで公園にはセミが多いのだろう。多分、雑木林等に比べるとアズマネザサ等の下草が無いから、幼虫が地中で過ごし易いのかもしれない。その他の昆虫はベッコウハゴロモ位であったが、大きなイグチの仲間やナラタケモドキ等のキノコがかなり見られた。戻る途中、笑顔のPさんに出会ったが、さすが元山女である。

zaki-20130809-shoryobatamodoki.jpg
<ショウリョウバッタモドキの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/アカツメクサ、ワルナスビ、ツユクサ、ヤブガラシ等。蝶/アオスジアゲハ、スジグロシロチョウ、ムラサキシジミ、ベニシジミ、ツバメシジミ、ヤマトシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/トウキョウヒメハンミョウ、マメコガネ、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシ、ヒグラシ、アミガサハゴロモ、ベッコウハゴロモ、アオバハゴロモ、ショウリョウバッタモドキの幼虫、ハラビロカマキリの幼虫等。キノコ/ナラタケモドキ、イグチの仲間等。
posted by 花虫とおる at 14:38| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: