2013年08月14日

長野県東御市湯の丸高原(午前)

高原にはいろいろ美しい花が咲いているが、平地でも見られるノアザミの群落は美しい。そこに蝶が飛来すれば良い写真になることは請け合いで、そんなノアザミと蝶というテーマで、湯の丸高原にある臼窪湿原へ行った。小さな湿原だがノアザミの群落が広がっていて、今年も美しく咲いていた。しかし、吸蜜に訪れる蝶の種類も個体数も少なく、おまけに飛び古したものばかりで見事に裏切られてしまった。

zaki-20130814-kooniyuri.jpg
<コオニユリ>

空は雲一つない真っ青な晴天であることも一因かもしれないが、ヒョウモンチョウの仲間は発生からかなり時間がたったものばかりで、去年に比べると発生がちょいと早かったようである。まあ、それだけ雨や低温が少なく、夏が順調に進んだという事の証拠でもある。もちろん、クジャクチョウ、エルタテハ、キベリタテハ、アサギマダラ等は見られたが少なく、ノアザミに止まるアキアカネをカメラに納めて引き返した。

zaki-20130814-akiakane.jpg
<アキアカネ>

<今日出会った主なもの>花/ウスユキソウ、マルバダケブキ、ノコギリソウ、ノアザミ、ノハラアザミ、シシウド、ウド、ヤナギラン、オトギリソウ、アサマフウロ、コオニユリ、ツリガネニンジン、ヤマオダマキ、シャジクソウ、ワレモコウ、アキノキリンソウ、マツムシソウ等。蝶/アサギマダラ、キベリタテハ、クジャクチョウ、エルタテハ、ウラギンヒョウモン、フタスジチョウ、クロヒカゲ、ベニヒカゲ、ヒメキマダラヒカゲ、オオチャバネセセリ等。昆虫/アカハナカミキリ、マメコガネ、ノシメトンボ、アキアカネ等。
posted by 花虫とおる at 00:00| Comment(0) | 長野県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: