2013年08月18日

群馬県吾妻郡長野原町浅間牧場(午前)

11日間の夏休みは今日で7日目を迎えた。今年は道端自然観察会が無いので、ここまですごく長く感じた。期待した湯の丸高原、高峰高原、池の平湿原は蝶や昆虫に関しては貧果に見舞われたが、信州の里山が去年以上の成果なので救われている。そんな訳もあって、今日からは気楽に散策しようと滞在先より近い浅間牧場へ行った。

zaki-20130818-rengeshoma.jpg
<レンゲショウマ>

到着は8時30分なので駐車場はがらがらで、午前中は木陰となる場所に車を停めた。今年も例によって「丘を越えて」の碑経由で牧場を目指したが、登って行くにつれて振り向くと浅間山が眼前に広がって迫力満点である。100名山の中でもトップクラスの山容ではなかろうか。樹林帯に入ると、今年もトチバニンジンの赤い実が出迎えてくれ、木の幹にはツノアオカメムシが這っていた。

zaki-20130818-matsumushiso.jpg
<マツムシソウ>

更に登るとススキの草原が急に開けるが、カセンソウ、オミナエシ、マツムシソウ、ハンゴンソウ、コオニユリ等が美しく咲いていた。牧場との境のトイレのある場所には立派なベンチがあって、荷物を降ろして座ると、眼前に浅間山と草原が広り、風通しがとても良いから涼しくて、いつまでもここに座っていたくなった。

zaki-20130818-tochibaninjin-mi.jpg
<トチバニンジンの実>

しかし、貧乏性だから広々とし気持ちの良い林道を下って駐車場に戻ったが、例年だと途中でオトシブミやアカアシクワガタ等が見られるのに、今年はなにもいなかった。天気が良過ぎたのかもしれない。そこで時間がだいぶ余ったから、レンゲショウマを撮りに北軽井沢へ行った。有り難い事に咲いていたが、花と花とが離れていて、とても撮影が難しい花だなあと苦笑した。

zaki-20130818-togekamemushi.jpg
<トゲカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/ツリガネニンジン、カセンソウ、キオン、ノコギリソウ、ノハラアザミ、クルマバナ、ハンゴンソウ、シシウド、ウド、オトギリソウ、ダイコンソウ、コオニユリ、マツムシソウ、オミナエシ、ツリフネソウ、キツリフネ、ゲンノショウコ、ワレモコウ等。蝶/キアゲハ、キベリタテハ、クジャクチョウ、ジャノメチョウ、ヒメウラナミジャノメ等。昆虫/ツノアオカメムシ、トゲカメムシ、オオヘリカメムシ、イタドリハムシ、マメコガネ、オニヤンマ、アキアカネ等。その他/トチバニンジンの実等。
posted by 花虫とおる at 00:00| Comment(0) | 群馬県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: