2013年08月22日

群馬県吾妻郡嬬恋村鹿沢高原

いよいよ今日は帰宅する日となった。途中、早く帰りたいなあと思ったことは度々で、パソコンの無い一人ぽっちの山荘暮らしは、やはりちょいと寂しい。更に、電子レンジで調理する以外の食事はとらなかったから、これまた侘しい限りである。今朝はいつもより30分早く起床し、食事等を済ませた後に荷物を車に積んだ。戸締り火の元はもちろん、水道の元栓を閉め、電気メーターの回転速度も確認して出発した。

zaki-20130822-kiberitateha.jpg
<キベリタテハ>

例年通り最終日は鹿沢高原である。いつもより少し出発時間が遅れたので、期待を裏切らない岩が露出したポイントへ行った。すると木曜日なのに春日部ナンバーの方が熱心にキベリタテハを撮影していた。今年は本当にキベリタテハの当たり年で、このポイントだけでも常時複数頭が見られた。更に、エルタテハ、シータテハ、クジャクチョウ、コムラサキ、アサギマダラの常連の蝶に混じって、今日はルリタテハがかなり見られた。ルリタテハは平地でも普通種だが、何故だか格別に美しく見える。そこで熱心に撮影した事は言うまでも無い。

zaki-20130822-shitateha.jpg
<シ−タテハ>

その後、長野ナンバーの4WDの軽自動車がやって来て、春日部ナンバーの方と話し始めた。なんとなく昆虫写真家の海野和男さんに似ていたが、カメラはオリンパスでは無くニコンであった。眼鏡も以前に氏の写真展で会った時のものとは違うので、地元の蝶愛好家かなと思っていたら、自宅が小諸との事で、やっと海野和男さんであることが確定した。このポイントもメジャーになってしまったなあと苦笑した。

zaki-20130822-ruritateha.jpg
<ルリタテハ>

その後更に、観察会仲間のMご夫妻もやって来て賑やかに撮影した後に、これまた最終日恒例の民宿「わたらせ」へ行って、お仲間と食事をとった。もちろん私は800円の岩魚の塩焼き定食である。これで今季の夏休みはすべて予定通りに終了し、暑い暑い横浜目指して地蔵峠を下って行った。

zaki-20130822-miyamahanmyo.jpg
<ミヤマハンミョウ>

<今日出会った主なもの>蝶/アサギマダラ、キベリタテハ、シータテハ、エルタテハ、クジャクチョウ、ルリタテハ、コムラサキ等。昆虫/ミヤマハンミョウ等。
posted by 花虫とおる at 00:00| Comment(0) | 群馬県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: