2013年08月28日

横浜市緑区北八朔公園

気温も湿度も下がったから、だいぶ過ごし易くはなったものの、今日は雲一つない晴れで、やはりこんな日は日陰が一番と北八朔公園へ行った。まずは昆虫横丁から始めたが、クサギカメムシの幼虫が多く、葉上で身体を突っ張るが如くに静止していた。また、勤勉で善良なる一般市民の様なオジロアシナガゾウムシが、撮って下さいと言わんばかりのポーズで葛の葉に止まっていた。更に、羽化したてのツバメシジミがいたので、絵になる場所に飛んでもらってカメラに納めた。

zaki-20130828-tsubameshijimi.jpg
<ツバメシジミ>

公園内に降って行くと、今季初だが毎年秋に見られるリスアカネが棒の先に止まっていた。大池ではトンボは少なくなったが、オオシオカラトンボ、シオカラトンボ、ショウジョウトンボ、コフキトンボ等の常連さんが見られた。しかし、イトトンボの仲間は観察出来なかった。更に奥に進んでクヌギの樹液酒場を見に行ったが、オオスズメバチがいただけだった。車に戻る途中の草原を注意して歩いて来ると、ショウリョウバッタ、ショウリョウバッタモドキ、ツチイナゴの幼虫等が見られた。

zaki-20130828-ojiroashinagazomushi.jpg
<オジロアシナガゾウムシ>

<今日出会った主なもの>花/クズ、ママコノシリヌグイ、ヨウシュヤマゴボウ、ヤブガラシ、ヤブラン、キツネノマゴ、ヘクソカズラ等。蝶/アカボシゴマダラ、サトキマダラヒカゲ、スジグロシロチョウ、ツバメシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、クロウリハムシ、エサキモンキツノカメムシ、クサギカメムシの幼虫、アオバハゴロモ、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシ、ヒグラシ、オオシオカラトンボ、シオカラトンボ、ショウジョウトンボ、コフキトンボ、リスアカネ、オニヤンマ、ツチイナゴの幼虫、ショウリョウバッタ、ショウリョウバッタモドキ、オンブバッタ、オオスズメバチ等。



posted by 花虫とおる at 18:04| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: