2013年09月05日

神奈川県川崎市麻生区早野の里

いゃー、明け方の雷と豪雨は凄まじかった。私の住んでいる所は起伏が多いので竜巻は起こらないだろうと楽観しているが、鶴見川と早淵川の氾濫は気にかかる。子供の頃は膝まで水が出て、元名主さんの池の鯉が逃げた事もある。上流域は宅地開発が進んで降った雨は一気に流れ込んで来るから、各所に遊水池がつくられ、鶴見川の川幅は広げられ土手も頑丈で高くなった。それでもなにが起こるか分からない異常気象続きだから、大雨が降るとびくびくする。そんな危惧があったから、我が家はかなり土を盛って土台を高くしてあるが、それでも万が一の時を考えるとぞっとする。

zaki-20130905-kibanakosumosu.jpg
<キバナコスモス>

今日は昼前まで雨が降り続いたが、昼食を食べに家を出て小高い丘で南方熊楠の伝記を読んでいたら、早野の里の上空だけが青空が広がったので行ってみた。ここには近在では絶滅したツマグロキチョウの食草であるカワラケツメイの群落があり、これまた少ないヤブツルアズキも見られるので期待したが、カワラケツメイの群落は広がっていたものの、ヤブツルアズキは見られなかった。ことによったらこれから咲くのかもしれない。その他、羽化したてのアカタテハが見られ、木陰ではコノシメトンボがかなりいて、何故に今頃と不思議に思ったハムシダマシが葉上に這っていた。

zaki-20130905-hamushidamashi.jpg
<ハムシダマシ>

<今日出会った主なもの>花/カワラケツメイ、コマツナギ、ツルマメ、ヤマハギ、ネコハギ、センニンソウ、キンミズヒキ、ユウガギク、ヤブラン、ヘクソカズラ、ヤブガラシ、クズ、ツユクサ、ヌスビトハギ、キツネノマゴ等。蝶/アオスジアゲハ、アカタテハ、キタテハ、イチモンジセセリ等。昆虫/ハムシダマシ、クロウリハムシ、ニジュウヤホシテントウ、オジロアシナガゾウムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、アオバハゴロモ、アミガサハゴロモ、コノシメトンボ、シオカラトンボ、オンブバッタ等。
posted by 花虫とおる at 18:36| Comment(0) | 川崎市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: