2013年09月08日

横浜市緑区三保市民の森

今日は午前中と夕方から雨との事で、散策は昼食後2時間位だなあと朝食後布団にUターンした。2020年のオリンピックが東京に決定し、気温がちょうど良い塩梅なのも手伝って、なんと2時間程も眠ってしまった。再び目覚め外を見ると薄日が差していたので、久しぶりに鴨志田町の青龍にて半ラーメン+ミニ中華丼を食して、町田市三輪町でも行って見ようと思っていたが、雨がぱらついて来た。そこで、昼食後またしても鴨志田町からUターンして、空が明るい三保市民の森へ行った。有り難い事に雨はまったく降っていなかった。

zaki-20130908-mayutateakane.jpg
<マユタテアカネ>

秘密の場所に車を停めて旧道へ歩みを進めたが、途中、スズメバチの巣がありますとの立札があって、恐る恐る覗くとボール型に近いコガタスズメバチの巣があり、蜂が出入りしていた。今年は夏が暑かったからか各所にスズメバチの巣があって、まこと散策には注意が必要である。黒っぽい服装はNGで、なるべく明るい色のものを着用しょう。また、いきなり襲って来る事は無いから、スズメバチが威嚇にやって来たら、静かに後ずさりするのは当然である。

zaki-20130908-kurokonomacho-yochyu.jpg
<クロコノマチョウの幼虫>

旧道に出ると相変わらずフジカンゾウが咲いていたが昆虫はまったく見られず、バス通りの歩道脇に行ったら、オオブタクサの茎にスケバハゴロモがまだ見られ、ススキの葉にはクロコノマチョウの幼虫がいた。その後、谷道へ入ったが、これといった昆虫はいなかったものの、ヤマユリの果実にマユタテアカネが止まっていた。獲物を見つけると飛び立って捕えて戻って来るが、すべすべした果実に止まり直すのに相当苦労していて笑ってしまった。

zaki-20130908-sukebahagoromo.jpg
<スケバハゴロモ>

<今日出会った主なもの>花/ツリガネニンジン、ツルボ、アキノタムラソウ、マルバルコウソウ、ママコノシリヌグイ、クズ、フジカンゾウ、ヌスビトハギ等。蝶/キタテハ、ヒメウラナミジャノメ、クロコノマチョウの幼虫等。昆虫/スケバハゴロモ、アオバハゴロモ、クサギカメムシの幼虫、オニヤンマ、マユタテアカネ、コガタスズメバチ等。
posted by 花虫とおる at 19:21| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: