2013年09月09日

横浜市緑区新治市民の森

有り難い事に今日も雲が多く涼しくなった。このまま一気に秋になるとは思わないが、ほっと一息ついた事は確かである。そこで、しばらく散策していなかった旭谷戸経由で新治市民の森を一回りする事にした。まずは一番野草が見られる谷戸田の小道へ行ったが、八ヶ岳の観音平に咲いていたタチフウロ、近場では希少種のスズサイコ、秋ならではのワレモコウ、そしてこれから美しくなるノハラアザミが咲き始めていた。また、オニヤンマが黄金の田んぼの上をパトロールしていた。

zaki-20130909-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

しかし、絵になる写欲を誘うものには出くわさず、ミツバウツギの実が多く見られる谷戸を詰め、尾根に上がって鎌立谷戸へ降りて行った。途中、ゴンズイの実が弾けて黒い種子が見られ、もうそんな季節なのと驚いた。鎌立谷戸へ辿り着くと前回撮影しなかったツリバナの実を写しに行った。ああでもないこうでもないと様々なアングルから作画したが、高い所にあったりして良い絵柄が浮かばず、形の良いものをカメラに納めた。カワセミの池へ行くと今日もカメラマンが3人もいた。

zaki-20130909-tsuribana-mi.jpg
<ツリバナの実>

今日のカワセミはサービス満点で、お仲間とひとしきり雑談して帰路についたが、ショウリョウバッタモドキがススキの葉に抱きついているくらいで、これといったものは見られなかった。しかし、最後の最後にクサギの葉にチャバネアオカメムシと思われる卵塊を発見し、素直に切り取った。そんな訳でかなりの貧果に終わったから、昼食及び昼寝の後に、デジスコに機材を変えてカワセミを撮りに再挑戦となった。有り難い事に雄がいてくれて、ツミ以来久しぶりに野鳥を撮影した。

zaki-20130909-kamemushi-tamago.jpg
<チャバネアオカメムシの卵>

<今日出会った主なもの>花/タチフウロ、スズサイコ、ワレモコウ、ノハラアザミ、ヤブツルアズキ、ツルマメ、クズ、ナンテンハギ、メドハギ、ヤマハギ、アカバナユウゲショウ、アキノノゲシ、ヤブガラシ、ツユクサ、ヌスビトハギ、キツネノマゴ等。蝶/アオスジアゲハ、モンキアゲハ、キアゲハ、カラスアゲハ、アカボシゴマダラ、ヒメウラナミジャノメ、ウラギンシジミ、ウラナミシジミ、キマダラセセリ、イチモンジセセリ等。昆虫/クロウリハムシ、チャバネアオカメムシの卵、クサギカメムシの幼虫、キバラヘリカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、ショウリョウバッタモドキ等。鳥/カワセミ等。その他/ミツバウツギの実、ツリバナの実等。
posted by 花虫とおる at 18:34| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: