2013年09月14日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

台風18号が南海上にあって、東海から関東にかけての地域に上陸しそうである。この為、明日明後日は大荒れで豪雨が心配である。今日は薄曇りであったが早くも台風の影響か、異常に湿度が高くて蒸し暑い日となった。先週、寺家ふるさと村に出没するN仙人がキノコ発生の情報を流してくれたので、どんな具合かなあと偵察を兼ねて行って見た。そんな訳で、まずはキノコ横丁へ直行したが、キタマゴタケ、ツルタケ、テングタケ、ウスキテングタケ等がちらほら生えていたが、斜面のきつい場所で今一絵にならないから撮影は諦めた。

zaki-20130914-tsurumame.jpg
<ツルマメ>

しからば昆虫はと降りて来ると、谷戸田では台風を前にしてか、一家総出で稲刈りがなされていた。大風も大雨も収穫を大いに左右するから、農家の方々は本当に大変である。今読んでいる二宮金次郎の伝記では、酒匂川の氾濫によって、一家の田んぼが流され、その結果、とんでもない苦労が襲って来たと書かれてある。しかし、台風前は静かなもので、畔には早くもヒガンバナが咲いていた。しかし、期待した昆虫は寺家ふるさと村の昆虫横丁でも少なかったが、ナンバンギセル、ツルニンジン、ヤマホトトギス、ヒメジソ等の野の花が出迎えてくれた。

zaki-20130914-kibaraherikamemushi-yochyu.jpg
<キバラヘリカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ヒガンバナ、ナンバンギセル、ヤマホトトギス、ツルボ、ヒメジソ、ミズタマソウ、タイアザミ、ツルニンジン、アキノタムラソウ、ユウガギク、ダイコンソウ、ツユクサ、ツルマメ、クズ、フジカンゾウ、ヌスビトハギ、アレチヌスビトハギ、オモダカ等。蝶/アカボシゴマダラ、サトキマダラヒカゲ、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、マメコガネ、クロウリハムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、キバラヘリカメムシ、アキアカネ、コバネイナゴ、オンブバッタ等。キノコ/キタマゴタケ、ツルタケ、テングタケ、ウスキテングタケ等。

posted by 花虫とおる at 18:45| Comment(0) | 青葉区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: