2013年09月20日

横浜市緑区横浜動物の森公園

今日もやや暑いものの清々しい秋晴れ、こんな天気が観察会が行われる25日まで続くらしい。昨日は中秋の名月、お月様が真ん丸になった。次に真ん丸になるのは8年後との事なので、双眼鏡を取り出して観察した。十五夜の月は必ず真ん丸になると思っていたが、年によって違うとの事である。また、天気が良くて月が見られる確率は4割との事だから、尚更、観察せねばと思ったのである。子供の頃、お月様でウサギが餅つきをしていると教わったが、かなり広い海が広がっているように見えた。地球も宇宙から見ると小さな球形の星なのかと思うと、細々とした事で争ったり悩んだりする事が、あほらしくなった。

zaki-20130920-amigasahagoromo.jpg
<アミガサハゴロモ>

そんな訳で、今日も日向を散策する気にはなれず、「また緑区なの!」とお叱りを受けそうだが、横浜動物の森公園へ行った。例によって梅田川を遡って行ったが、三保念珠坂公園下にはウラギンシジミや各種カメムシが見られた。バス通りを横切ると、カラスノゴマが咲いていたので保険としてカメラに納めた。何処にでも普通な野の花では無いとの事である。横浜動物の森公園へ到着するとクヌギの樹液酒場を見に行った。クロコノマチョウ、ルリタテハ、ヒカゲチョウが見られたものの、良い場所には止まっていなかった。クロコノマチョウの幼虫の顔は個体によって異なるが、成虫の翅裏も個体によって異なる、まこと不思議な蝶である。その後、これといったものが見られないので、元名主さんの敷地沿いに車に戻った。

zaki-20130920-karasunogoma.jpg
<カラスノゴマ>

<今日出会った主なもの>花/カラスノゴマ、ツユクサ、クズ、ヌスビトハギ、アレチヌスビトハギ、ヤマハギ、オトコエシ、ヒヨドリバナ、ダイコンソウ、ヨウシュヤマゴボウ、キツネノマゴ等。蝶/アゲハ、アカボシゴマダラ、ルリタテハ、クロコノマチョウ、サトキマダラヒカゲ、ヒカゲチョウ、ヒメジャノメ、ヒメウラナミジャノメ、キチョウ、ウラギンシジミ、ツバメシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、エサキモンキツノカメムシの幼虫、チャバネアオカメムシ、クサギカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、アキアカネ、オンブバッタ、ツチイナゴの幼虫、オオスズメバチ、コガタスズメバチ等。
posted by 花虫とおる at 14:17| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: