2013年09月24日

横浜市緑区長津田町(仮称)東名の森(午前)

有り難い事に昨日から本当に気温が低くなった。もっとも天気が良ければ気温はかなり上がるのだろうが、長袖シャツの袖をまくっての散策でちょうど良い塩梅という訳である。今日も曇り空で何処に行こうかなあと思案したが、木陰が少ない場所でも良いのだからと、本当に久しぶりに長津田町の(仮称)東名の森へ行った。まず最初に尾根道へ寄ったが、ナンテンハギが咲いていて、クサギの葉にはクサギカメムシの成虫が見られた。雑木林の中にぽっかり空いた畑と草原には、飛び古したミドリヒョウモンの雌が飛んでいた。

zaki-20130924-higanbana.jpg
<ヒガンバナ>

その後、農耕地へ降りて行ったがアレチウリが咲き出していた。また、例年通りマルバルコウソウがたくさん繁茂していた。雑木林に沿った小道を登って行くと、路傍にヒガンバナが咲き、林内にはヤマホトトギスやフジカンゾウが見られた。環状4号をまたぐ陸橋を渡ると、ゴンズイの実が美しく垂れ下がり、もうすぐ木の実・草の実ウォッチングの季節なのだなあと実感した。最後に雑木林のに隣接する草原の斜面で、ホソヘリカメムシの幼虫やコフキゾウムシをカメラに納めて車に戻った。

zaki-20130924-hosoherikamemushi-yochyu.jpg
<ホソヘリカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/ヒガンバナ、ヤマホトトギス、アレチウリ、オトコエシ、コセンダングサ、キクイモ、フジカンゾウ、ナンテンハギ、トキリマメ、ツルボ、ツユクサ、クズ、キツネノマゴ、マルバルコウソウ、イヌタデ、ママコノシリヌグイ等。蝶/ミドリヒョウモン、キタテハ等。昆虫/コフキゾウムシ、トホシテントウ、クロウリハムシ、クサギカメムシ、ホソヘリカメムシの幼虫、アキアカネ、ナツアカネ、オンブバッタ等。
posted by 花虫とおる at 18:44| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: