2013年10月13日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

今日は昨日より気温は下がったが、相変わらずの雲一つない晴天である。何処へ行こうかなあとさんざん迷ったが、昨日の観察会で見られなかったナツアカネが撮れるし、風のむろさんが写真展を開いているし、もし虫好きKさんと出会ったら、「ふるさと再発見ガイド 南魚沼のファーブル 昆虫少年物語」六日町地区理科教育センター刊という本を手渡せるからと、寺家ふるさと村に久しぶりに行った。この本は、その昔、オオゴマシジミの一生を解き明かした少年の物語をメインに、南魚沼地域の自然が盛りだくさんに紹介されている。

zaki-20131013-natsuakane.jpg
<ナツアカネ>

四季の家の駐車場に午前10時前に到着したが満車で、熊野神社近くの農道に停める事となった。今日は野鳥観察会の日で、多くの見知った方々が楽しそうに散策していた。まずは例によって昆虫横丁へ行ったが、まったくと言って良い程、昆虫は見られず天を仰いだ。そこでナツアカネを求めて田んぼへ行ったが、アキアカネとマユタテアカネばかりで、二本松谷戸へ入ってやっと見つかった。しかし、不細工な棒の先に止まっている。そこで「立てるなら棒を選ぼう赤トンボ」と昨日の観察会で教養あるご婦人が詠んだ一句を思い出し、枯れたセイタカアワダチソウの棒を挿してナツアカネを誘導した。

zaki-20131013-kobaneinago.jpg
<コバネイナゴ>

<今日出会った主なもの>花/ツリフネソウ、ユウガギク、カントウヨメナ、タイアザミ、コセンダングサ、アキノノゲシ等。蝶/アオスジアゲハ、ツマグロヒョウモン、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、アオバハゴロモ、ツマグロオオヨコバイ、アキアカネ、ナツアカネ、マユタテアカネ、オニヤンマ、オオシオカラトンボ、コバネイナゴ、オンブバッタ等。 その他/ニシキギの実、アオツヅラフジの実、エビヅルの実等。
posted by 花虫とおる at 19:03| Comment(0) | 青葉区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: