2013年11月29日

横浜市鶴見区三ッ池公園

今日は午前中は穏やかな小春日和と予報されてたので、変わり映えはしないだろうが、万が一を期して三ッ池公園へ行った。下の池に杭には、珍しくキンクロハジロが上っていた。お金が無くて貧乏だから甘いものを食べられずに歯が綺麗な人の様、すなわち金苦労歯白である。先だってNHKラジオの「午後のまりやーじゅ」で、パーソナリティーの山田マリアが、元阪神の掛布さんはシュウシノ高校(習志野高校)出身と言ったので笑ってしまった。知っていなければシュウシノと読んでも仕方が無かろう。もちろんキンクロハジロは漢字で金黒羽白と書く。

zaki-20131129-kinkurohajiro-osu.jpg
<キンクロハジロの雄>

池の杭に登るのが好きな鳥は多いが、キンクロハジロは余り登らないカモである。しかし、先だっての雨で水位が上昇して、杭が水面すれすれになったので登れたのだろう。今日はカルガモも2羽登っていた。三ッ池公園の杭上りチャンピオン鴨はハシビロガモだが、先だっての観察会で行った泉の森公園ではヒドリガモである。そのうち三ッ池公園で、オオバンの杭上りの写真が撮れるかもしれないと期待している。

zaki-20131129-hakusekirei.jpg
<ハクセキレイ>

その後、例によって公園内を一回りしたが、変わり映えのしない常連さんばかりであった。しからば人が来ない場所での小鳥と3カ所程巡り歩いたが、観察出来たのはヒヨドリのみであった。もっと寒くなって本格的に冬鳥が飛来し、逆に散策する人が減ったら、三ッ池公園と言えども何かしらの小鳥が撮影出来る事だろう。再び下の池へ戻って来ると、コンクリートの杭にハクセキレイがお待ちかねであった。

zaki-20131129-ooban.jpg
<オオバン>

<今日出会った主なもの>鳥/ハシビロガモ、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カイツブリ、オオバン、カワウ、ユリカモメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 14:12| Comment(0) | 鶴見区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: