2013年12月01日

横浜市緑区梅田川

今日からいよいよ12月に入り、朝はかなり冷え込んだ。こうなって来ると、被写体は極端に少なくなって、鳥撮りマンに変身するのがベストなのだが、なんだか今季はカモ類は別にして冬鳥の飛来は少なそうである。そんな訳で池のカモを毎日撮っていれば被写体に事欠かないのだが、ガーガーという鳴き声はちょいとばかり間が抜けている。また、カワセミも各所で見られるが、同じ止まり木ばかりの写真ではつまらない。

zaki-20131201-tsuruumemodoki-mi.jpg
<ツルウメモドキの実>

そこで、三保念珠坂公園で手摺昆虫観察が出来るからと、梅田川周辺を散策する事にした。まずは期待して手摺を見て回ったが、エサキモンキツノカメムシとアズチグモだけだった。その後、バス通りを越えて矢島農園近くまで行ったら、ツルウメモドキの果皮が裂けて赤い実が輝いていた。そこで背景を選んで撮影し、お次は実以外にしようと、ローソンまで行って新治市民の森沿いの小道を引き返したがノーシャッターで、12月に入ったのでオニグルミの冬芽を撮って車に戻った。

zaki-20131201-onigurumi-fuyume.jpg
<オニグルミの冬芽>

<今日出会った主なもの>花/コシロノセンダングサ等。蝶/モンシロチョウ、キチョウ等。昆虫/エサキモンキツノカメムシ、クロスジフユエダシャク等。その他/ツルウメモドキの実、クサギの実、サンシュユの実、アズチグモ等。
posted by 花虫とおる at 18:42| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: