2013年12月07日

横浜市港北区新吉田町(午前)

特定秘密保護法が昨日の深夜に参議院で可決され成立した。この法律の内容をかなり知っている訳ではないのだが、何故に急いでいるのだろうと感じざるを得ない。安倍ちゃんも多くの国民の思いを反古にして、支持率は急下降するに違いない。まこと日本にはまっとうな政治家がいないなあと暗くなる。今日は天気予報によると気温がかなり下がるとあったが、朝の外掃除の間もかなり暖かく、明日の観察会もなんとかなるだろうとほくそ笑んだ。

zaki-20131207-harabirokamakiri-ranno.jpg
<ハラビロカマキリの卵のう>

今日は何処へ行っても貧果必死、それならば至近距離の新吉田町を久しぶりに散策してみようと出発した。なにせ近いから9時15分に到着し、まずはセイヨウカマツカが植えられている丘の畑へ登って行った。するとスグリの幹にハラビロカマキリがたくさん産み付けられていて、ソシンロウバイの蕾がかなり膨らんでいた。もちろんセイヨウカマツカの実も、まだ瑞々しく残っていた。びっしりと霜の降りるような日がまだないのだから当然だ。

zaki-20131207-hiyodorijogo-mi.jpg
<ヒヨドリジョウゴの実>

そんな訳で、ハラビロカマキリの卵のうをカメラに納め、木の実横丁へ行って見ると、アオツヅラフジ、スイカズラ、ツルウメモドキ、マユミの実が見られた。そこで、今季まだ紹介していないアオツヅラフジの実を撮った。その後、丘を下りまた上って第三京浜都筑インターの方へ足をのばしたが、コウヤボウキは綿毛となり、ヒヨドリジョウゴの実が輝いていた。時計を見ると、まだかなり時間が余ったので、反対側の丘も散歩して車に戻った。

zaki-20131207-aotsuzurafuji-mi.jpg
<アオツヅラフジの実>

<今日出会った主なもの>花/コセンダングサ、コウテイダリア、カンツバキ等。昆虫/ハラビロカマキリの卵のう、クロスジフユエダシャク等。鳥/メジロ等。その他/ヒヨドリジョウゴの実、アオツヅラフジの実、スイカズラの実、ツルウメモドキの実、マユミの実、セイヨウカマツカの実等。
posted by 花虫とおる at 19:14| Comment(0) | 港北区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: