2013年12月08日

神奈川県川崎市宮前区東高根森林公園

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。昨晩の天気予報では気温は低めだが晴天との事で、しめしめと思っていたが、起床して空を見上げると曇っている。上空に寒気が流れ込んだ為の曇りで、その内に晴れるだろうと思ったが、午後まで雲はとれなかった。それでも寒さに凍えるといった事は無く、散策していれば左程寒さは感じなかった。しかし、今日の観察会のメインである、延々と続く手摺に這う昆虫の出は芳しくなかった。

zaki-20131208-ushikamemushi.jpg
<ウシカメムシ>

それでも、コミミズクやウシカメムシ等が這っていたので嬉しくなった。今日のハイライトは、ハンドルネーム「森のきのこ」さんの大活躍で、まずはヤナギで越冬するコムラサキの幼虫を見つけてくれ、次に、クワの小枝に擬態して越冬するクワエダシャクの幼虫を見つけてくれた。まこと擬態の極致で、目の良い小鳥でも小枝と見間違うに違いない。これだけでも凄いのに、なんとオオミドリシジミの卵まで見つけてくれ、とんでもない大収穫の観察会となった。

zaki-20131208-komimizuku.jpg
<コミミズクの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/イヌホウズキ等。蝶/コムラサキの幼虫、オオミドリシジミの卵等。昆虫/ヒレルクチブトゾウムシ、テントウムシ、ウスキホシテントウ、ミナミトゲヘリカメムシ、ウシカメムシ、クサギカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、コミミズクの幼虫、クロスジフユエダシャク、クワエダシャクの幼虫等。鳥/メジロ、コゲラ等。その他/ヒヨドリジョウゴの実、ハダカホウズキの実、ムラサキシキブの実、ウメモドキの実、マユミの実、ガマズミの実等。
posted by 花虫とおる at 18:04| Comment(0) | 川崎市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: