2013年12月12日

横浜市都筑区東方公園周辺(午前)

今日は北風がやや強くて寒い日になった。被写体が少なくなって冬芽や葉痕ばかり続くのはつまらないから、少なくともイラガの繭は撮れる筈と東方公園周辺へ行った。散策を開始して防火緑地のハナミズキの実を見に行ったが、見事にすべてなくなっていた。東方公園の入り口付近に到着すると、畑の向こうに大山や富士山がくっきりと見えた。平塚市土屋の遠藤原の富士山に比べるとかなり遠くに見えるが、それでもなかなかの景観である

zaki-20131212-iraga-mayu.jpg
<イラガの繭>

そこから前回来た時に見つけたイシミカワはどうなったかと寄り道したが、まだ実が残っていて驚いた。次に、モミジバフウの葉痕はと行って見ると、葉が落ちたばかりでなので、もう少し先までとっておくことにした。その後、本命であるイラガの繭をカキの畑で探したが、やっと一つ見つける事が出来てほっとした。イラガの繭は何処へ行っても少なくなったが、どうしてなのかなあと不思議に思う。もっとも刺されると凄く痛いから、減った方が好都合かもしれない。

zaki-20131212-noibara-mi.jpg
<ノイバラの実>

<今日出会った主なもの>花/イモカタバミ、ノゲシ、カンツバキ等。昆虫/クロスジフユエダシャク、イラガの繭、ハラビロカマキリの卵のう等。その他/ノイバラの実、ナンテンの実、ツルウメモドキの実、イボタの実、イシミカワの実、ジョロウグモ等。
posted by 花虫とおる at 18:57| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: