2014年01月13日

横浜市港北区新吉田町(午前)

もう何べんも記しているが、今年はカモを除く冬鳥の飛来が極端に少ないし、今が一番寒い時期だから、まことお手上げである。かといって名所・旧跡巡りも行く気が起きないし、自宅に蟄居して勉学に励むなんて性分でも無い。そこで健康維持の為の散策だなと、至近距離の新吉田町へ行った。それにしても、私よりかなり高齢の細川元首相は政界を引退して陶芸の道に浸っている筈と思っていたら、東京都知事選挙に出るかもしれないと報道されている。やはりお殿様、いくつになっても天下国家の事が気になるのだろう、さすがである。

zaki-20140113-popo-yokon.jpg
<ポーポーの葉痕>

いつもの場所に路駐して散策を開始すると、民家の庭先にはニホンスイセンがかなり咲いていた。そろそろ梅が咲いていてもおかしくないなと、丘の上の植木屋さんの畑へ行って見ると、白梅が数輪だが咲いていた。花芯が赤褐色のロウバイも咲き始め、シナマンサクの蕾もかなり綻んでいた。また、ロシア帽を被ったポーポーの葉痕が笑っていた。とは言っても被写体としてはまだまだ先で、その後、一回りしてみたが相変わらずこれといったものには出会わなかった。

zaki-20140113-shinamansaku-tsubomi.jpg
<シナマンサクの蕾>

<今日出会った主なもの>花/ニホンスイセン、ロウバイ、ソシンロウバイ、ウメ等。昆虫/ハラビロカマキリの卵のう等。
posted by 花虫とおる at 18:23| Comment(0) | 港北区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: