2014年01月16日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

今朝はとても冷え込んで横浜でも零下となった。このため明け方に目覚めてしまって、電気アンカの温度調節ダイヤルをより強くした。これで足元は暖かくなったが、上半身は変わらずだから安眠とはならなかった。今朝以上に冷え込んだら、分厚い長袖と股引でも着用して寝るしかないなあと苦笑した。こんな極寒ではますます被写体が無いので、画像掲示板にお仲間のKさんが、各種のフユシャクを投稿してくれたので、手摺昆虫観察とトイレ昆虫観察だと茅ヶ崎公園へ行った。

zaki-20140116-purimula-malacoides.jpg
<プリムラ・マラコイデス>

そんな訳で手摺観察から始めたが、擬大理石の支柱にナミスジフユナミシャクの雌がかなり見られた。しかし、支柱ではくっきりと映らないのでお尻を枯れ葉でくすぐって手摺に移動させたが、Kさんが言う通り、撮影後しばらくすると支柱に戻って行った。茶色の手摺では目立ち過ぎて天敵に捕食されるからかもしれない。次にトイレ昆虫観察に切り換えたが、先だっての観察会に比べると極端にフユシャクは減っていて、ウスバフユエダシャクが数匹壁に止まっているだけだった。

zaki-20140116-namisujifuyunamishaku.jpg
<ナミスジフユナミシャクの雌>

<今日出会った主なもの>花/カンツバキ、プリムラ・マラコイデス等。蝶/アカボシゴマダラの幼虫等。昆虫/テントウムシ、キイロテントウ、ウスバフユエダシャク、ナミスジフユナミシャクの雌等。鳥/シロハラ等。
posted by 花虫とおる at 19:05| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: