2014年01月22日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

散策する所が無くなって来たので、寺家ふるさと村へ久しぶりに行った。四季の家は3月中旬まで改装中だが、駐車場とトイレは使用出来る。散策を開始すると、熊の池、紅葉広場、むじな池へのコースをとったが被写体は全く無く、田んぼに出ると常連の鳥撮りマンに出会ったので様子を聞いてみると「カラスも鳴かない」との事で天を仰いだ。そこでUターンして居谷戸へ行ったが、ウスタビガの空繭やモンシロチョウの蛹は各2個もあったが絵にならず、これではノーシャッターになると、民家の庭先のオオデマリの葉痕を撮った。以上、寺家ふるさと村は春まで期待出来ないようである。

zaki-20140122-oodemari-yokon.jpg
<オオデマリの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ニホンスイセン、ソシンロウバイ、ウメ、カンツバキ等。蝶/モンシロチョウの蛹等。昆虫/ウスタビガの空繭等。その他/トキリマメの実、ヘクソカズラの実、ソヨゴの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 19:12| Comment(0) | 青葉区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: