2014年05月06日

横浜市港北区新羽町

散策仲間はエゴシギゾウムシ等をゲットしているのに、昨日の散策でカワヅザクラの実を見たので、やっぱりサクランボの実をカメラに納めなければと新羽町へ行った。いつもの場所に車を停めて外へ出るとかなり寒い。そこでトレーナーを1枚プラスして散策を開始した。もちろんサクランボの木へ直行したが、有り難い事に色づき始めていて嬉しくなった。しかし、いざ写真を撮ろうとするとなかなか良い絵柄が浮かばず、かなり暗い場所にあるものを撮ったので今一の出来となってしまった。写真を撮り終ると、今季初のサクランボを賞味しようと手が伸びたが、禁間食中なのでと躊躇した。しかし、1粒ならカロリーは無かろうと口に放り込んだら、とても美味しく、もう1つもう1つならと結局5粒も食べてしまった。まこと軟弱な性格である。

zaki-20140506-sakuranbo.jpg
<サクランボの実>

その後、昆虫を探したが、どんよりとした曇り日で気温が低いから見当たらず、やっと可愛らしいカマキリの仲間の幼虫がいたので撮影した。有り難い事に風がほとんど無いので、久しぶりに鶴見川の土手まで足を伸ばした。オニグルミの雌花を期待したのだが、ちょいと時期が遅かったようで新鮮なものは見られなかった。しかし、雌花下の実はかなりの大きさに成長していて驚いた。更に足を進めて、かつてギンイチモンジセセリが見られた場所まで行ったが、以前と比べると葦原が減っていたので河川敷には下りなかった。土手には外来種のヘラオオバコが群落をつくって風に揺れ、アカバナユウゲショウも各所に咲いていた。どうやら鶴見川も外来植物に占拠されたようである。

zaki-20140506-kamakiri-yochyu.jpg
<カマキリの仲間の幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ノイバラ、ミズキ、ニシキギ、アカバナユウゲショウ、ナガミヒナゲシ、ヘラオオバコ、シロツメクサ等。蝶/ヒメウラナミジャノメ等。昆虫/ナガメ、アカサシガメ等。その他/サクランボの実、ウグイスカグラの実等。
posted by 花虫とおる at 18:30| Comment(0) | 港北区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: