2014年05月08日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

今日は朝からかなり風が強く、午後はますます強くなると予報されていた。こんな時は迷わず風が防げる三保市民の森へ行くのがセオリーなのだが、寺家ふるさと村の四季の家でグループ綵(さい)の写真展が始まったし、幸楽苑の塩ラーメン+餃子セットを食べたくなったので早野の里へ行った。しかし、風が強くて昆虫の見られる林縁は下草が激しく揺れていた。こうなったら寺家ふるさと村へ転戦するしかないと引き返した。寺家ふるさと村は谷戸が複雑に入り組んでいるので、何処か風が防げる場所がある筈だと思ったのだ。例年、晩秋になると徹底的な草刈がなされるが、5月半ばを過ぎると下草が伸びて、昆虫観察には絶好の場となる。

zaki-20140508-ashinagaotoshibumi.jpg
<アシナガオトシブミの雌>

今日は熊の池に通ずる熊野昆虫街道から散策を開始した。ここも風がかなりあったが、なんとかなりそうなのほくそ笑んだが、極小のムネアカアワフキやクロヒラタヨコバイが見られた位で、やはり駄目かなと思ったら、オオアカマルノミハムシらしい昆虫がいる。近づいてみると、なんなとなんと探していた前胸が黒いタイプのアシナガオトシブミで、まこと万歳三唱となった。次にUターンして、むじな池に通ずる昆虫本街道へ行った。ここでもこれといったものは見られなかったが、途中から虫目が冴えだし、なんとなんと昨日に続いてエゴシギゾウムシを発見した。最近体調が思わしく無く虫目力もかなり衰え散策仲間の後塵を拝していたが、やはり腐っても「花虫とおる」であった。

zaki-20140508-egoshigizomushi.jpg
<エゴシギゾウムシ>

<今日出会った主なもの>花/ツリバナ、オカタツナミソウ、ツボスミレ、アカバナユウゲショウ、アメリカフウロ、レンゲソウ、キツネノボタン、カキツバタ等。蝶/アオスジアゲハ、キアゲハ、ルリタテハ、クロヒカゲ、ヒメウラナミジャノメ等。昆虫/アシナガオトシブミ、ヒメクロオトシブミ、エゴシギゾウムシ、ヒメシロコブゾウムシ、ヒゲナガハナノミ、ジョウカイボン、セボシジョウカイ、アトジロサビカミキリ、キイロクビナガハムシ、アカガネサルハムシ、ヤマイモハムシ、アオカメノコハムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、ムネアカアワフキ、クロヒラタヨコバイ等。その他/ウグイスカグラの実等。
posted by 花虫とおる at 18:46| Comment(0) | 青葉区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: